B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

世界に誇る明石鯛の味を
全国の家庭に届けたい

 

サイズ選別にもこだわりぬいた八蔵水産の鯛

 
glay-s1top.jpg
畑山 明石鯛といえば、関東にも名が轟く一大ブランド。でも、灰干しというのは聞いたことがありませんね。なぜ、灰干しを販売しようと思ったのですか?
 
竹野 1つは、インターネット販売を始めようと考えたことです。ネット販売については、「せっかく代表に就任したのだから、なにか新鮮なことにチャレンジしよう」と思ったことがきっかけで、明石、それもプランクトンが豊富な鹿の瀬で獲れた鯛のおいしさを、ぜひ全国の方に味わっていただきたいと考えました。
 
畑山 でも、届ける先が日本全国となると、保存という大きな問題がありますね。
 
竹野 そうなんです。北海道や青森に輸送する場合、活魚はおろか、刺し身にしても、鮮度が落ちて、明石鯛の旨味が損なわれます。そこで思いついたのが、干物加工です。それで、太陽で干す天日干し、送風機で乾かす機械干しといろいろ試していたときに、灰干しに出合いました。
 
畑山 他の加工法と比べて、どこが良かったのでしょうか?
 
竹野 天日干しや機械干しでは、身が固いように感じました。しかし灰干しなら、ふっくらした食感、ジューシーさを保てたんです。明石鯛の特徴である締まりのある歯ごたえを、ほとんど損なわずに食卓にお届けできる。灰干しを見つけたとき、「これしかない」と思いましたね。
 
畑山 明石鯛、いや、明石の水産物中卸業者としての、地元への愛や誇りといった情熱を感じますよ。失礼なお話ですが、通信販売の水産品って、足の取れたカニなど、訳あり品が多いイメージがありました。でも、八蔵水産さんの商品に限っては、店頭に並べる商品と同じくらいにこだわっておられるんですね。
 
glay-s1top.jpg
竹野 おっしゃるとおり、灰干しにする鯛も、大きさからじっくりと吟味しています。小さいサイズでは明石鯛ならではの旨味に欠けますし、かといって大きすぎるサイズだと、ご家庭の魚焼きグリルに入りませんからね。
 
畑山 そこまで考えておられるとは恐れ入りました。本場の魚をそのまま家庭で味わえると、新たな「明石ファン」も増えそうです。
 
竹野 近頃は子どもの魚離れという話も聞きますからね。そこで弊社ではこの春に、骨抜きして切り身にした「サワラの灰干し」の販売を始めました。お母様方からとても好評でしたよ。
 
畑山 切り身にまでしてくれているのはありがたい! 一人暮らしの方にも嬉しい商品だと思いますね。