B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

丁寧なヒアリングで希望のお墓を形にする
石真 代表 重本真也

 
プロフィール 兵庫県出身。石材工事の職人として社会人生活をスタート。厳しい現場で先輩職人の姿勢を見習いながら、着実に技術を身につける。2017年に独立して石真を設立。顧客とのコミュニケーションを重視し、要望を丁寧にヒアリングしたうえで施工に臨むのがモットー。その姿勢が評判を呼び、口コミで顧客が広がっている。【ホームページ
 
 
 
鳥取県や兵庫県を業務エリアに、石材工事や仏具販売などを手がける石真(せきしん)。代表の重本真也氏は石材業界歴15年のベテランだ。わからないことや悩むことが多いお墓についての相談では、丁寧にヒアリングし顧客の希望を形にする。何よりも供養する心を大事にし、顧客とのコミュニケーションを重視する重本代表。その姿勢を、インタビュアーのタージン氏も「誠実な人柄だ」と褒め称えていた。
 
 
 

お墓のことなら鳥取から神戸までカバー

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 兵庫県たつの市で石材工事や仏具の販売、造園工事などを手がける石真さん。お墓にまつわるさまざまな相談に、気軽に応じていただけるとお聞きしました。
 
重本 そうですね。お墓の建立や建て替え、移転、複数のお墓を1つにまとめる合祀や、分納、墓じまい、さらに霊園のご紹介まで承っております。生前の建立であればご本人の、故人様のためのお墓であればご親族のご要望をお聞きして、予算も含め「こんなお墓にしたい」という思いをしっかりと形にしていきます。
 
タージン お墓というのは、一生の間に何度も建てるものではありませんし、なかなか知識が身につきません。どの業者さんに相談すればいいかすらわからないものです。
 
重本 そうですよね。「そもそも、本当にお墓が必要かどうかわからない」という方もいらっしゃいます。私はそのようなお客様でも、ご連絡をいただければ直接ご説明にうかがっているんですよ。拠点はたつの市ですが、鳥取県から兵庫県内なら神戸市あたりまでのエリアをカバーしています。