B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

海沿いの地域に密着した技術力勝負の塗装会社
渚ペイント 代表 川﨑知樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 神奈川県横須賀市の塗装会社、渚ペイントさんにお邪魔しています。横須賀市に拠点を置こうと思われたのには、どういった理由があったのでしょうか。
 
川﨑 海沿いの街に住む方に、「建物の外壁や鉄部が劣化しやすい」とお聞きしたことがありまして。技術力に自信のある私たちなら助けになれるのではないかと考え、横須賀を中心に、葉山町、逗子方面の塗装を手がけるようなりました。
 
川村 海沿いの街は、内陸に向かって広い範囲に潮風が吹きますから、その分、建物も傷みやすいのですね。
 
川﨑 おっしゃるとおり、海沿いの地域は被害も深刻で、傷んだ箇所から水が侵入して建物に大きなダメージを与えます。こうした被害から建物を守り、長持ちさせるためには、錆びや剥がれが見つかる前に塗装を施しておくことが大事なんです。
 
川村 被害や劣化が見つかってからでは遅いのですね・・・。どのくらいを目処に塗装を行うと良いのですか?
 
川﨑 7〜10年に一度です。塗装をしないと傷みが早まり、10年もつものが5年に減るなど、建物の耐久性が大きく変わってしまいます。本来なら、塗装で修繕できるところも、外壁の塗り替えや屋根の張り替えが必要になって、修繕費も大幅にふくらみます。
 
川村 塗装って後回しにしがちですが、結局は早めの対処が“お得”だと(笑)。渚ペイントさんでは、リフォーム工事も行われるとうかがいました。塗装を含めたメンテナンス工事を一括で請け負える点も強みですね。
 
川﨑 ありがとうございます。塗料を3回塗り重ねることが塗装の基本です。しかし、中には1回しか塗らない悪徳業者もおり、すぐ剥がれ落ちたという話も聞きます。私たちはお客様に喜んでいただくことを第一に考え、熟練の職人たちが誠心誠意対応させてもらっています。
 
glay-s1top.jpg
川村 真心を込めた仕事をすれば、7年、10年後のメンテナンス時も、必ずお願いしたいと思いますよ。職人さんは、川﨑代表とお付き合いの長い下請け業者さんですか?
 
川﨑 すべて自社スタッフが担当しています。業者を募ると、それぞれのサービス内容が異なるケースもあり、統一した作業ができないためお客様が戸惑われることもありますからね。
 
川村 仕事面で意識統一されていて、それがお客様の安心にもつながるのですね。今回お話をうかがって、塗装の仕事の奥深さを感じました。渚ペイントさんの今後の発展がとても楽しみです!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様からいただく感謝のお言葉が何よりの楽しみですね。そのためには、まず私たちが誠実に仕事に取り組むことが大切です。
(川﨑知樹)
 

:: 事業所情報 ::

渚ペイント

〒239-0808 神奈川県横須賀市大津町1-10-9

ホームページ
https://nagisa-paint.com