B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

現場の臨機応変な対応で快適な引っ越しを実現!
BRIGHT FUTURE 代表 金谷克彦

 
プロフィール 大阪府出身。内装工事職人だった父の仕事を手伝いながら育つ。20歳で内装職人として本格的にキャリアをスタートしたが、5年後に不景気の影響で休職。その間に引っ越し会社で働いたことをきっかけに、引っ越し業の面白味を知り、20年間にわたって経験を積んだ。その後、自身の発想とノウハウを活かすために独立。BRIGHT FUTUREを立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
大阪府大東市の引っ越し会社BRIGHT FUTURE(ブライトフューチャー)。代表の金谷克彦氏は、内装工事の職人を経て大手引っ越し会社で勤務。その後、「自らの発想を現実のものにしたいと思い、20年の経験を経て起業した」と語る。快適で丁寧な引っ越しを提供するため、現場に応じて臨機応変な作業を心がける金谷代表。その意気込みや仕事仲間への思い、独立を一言で認めてくれた妻への感謝の気持ちを話してくれた。
 
 
 

内装業から引っ越しの仕事へ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪府大東市を拠点に関西一円で、引っ越しやハウスクリーニング、不用品回収などを手がけるBRIGHT FUTUREさん。金谷代表は、どのような経緯で独立を果たしたのでしょうか。
 
金谷 私の父はマンションなどの内装工事を手がける職人で、子どもの頃からその仕事をよく手伝っていたんですよ。そして20歳になって、同じ仕事で社会人としてのキャリアをスタートしました。ところが、その5年後くらいに建築業界が不景気になってしまいましてね。在籍していた会社に「単身者はしばらく仕事を休んでくれ」と言われてしまったんです。休みの間はアルバイトをしてもいいということだったので、すぐさま求人誌を手に取り、目に入った引っ越し会社の面接に行きました。
 
畑山 思い立ったら行動ですね。転職は成功だったのでしょうか。
 
金谷 当初はあくまでも内装工事が本業で、引っ越しはアルバイトのつもりでしたね。そのバイト先は大手引っ越し会社が立ち上げたばかりの支店で、私も含め未経験者が多く雇われました。マニュアルはあるものの、引っ越しの現場は毎回変わりますから、臨機応変な対応が必要です。それで、共に働くスタッフたちと、自分たちのアイデアで作業時間を短縮するなど、お客様の満足度を高められるよう試行錯誤しながら働いているうちに、引っ越しの仕事がおもしろく感じるようになってきたんです。