B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

健康や美容に悩む人へ 
最適な高麗人参を提案

 

二人称の視点を大切に高麗人参の情報を発信

 
glay-s1top.jpg
草山 八木さんがおっしゃった、「西宮店を入り口に高麗人参のファンが増える」というお話。それが、私の願いでもあるんです。
 
八木 西宮店を単なる販売店ではなく、高麗人参の情報を発信していく拠点にしたいとの思いは、草山社長のお話からも感じられましたよ。しかしなぜ、そのような思いを持たれるに至ったのでしょうか?
 
草山 やはり本物を知っていただきたいからです。例えばドリンクがドラッグストアで販売されているなど、正官庄の高麗人参は身近なところに広がりつつあるんです。ただ、そのことに気付く人の多くは、すでに正官庄の高麗人参を愛用していただいている方でして(笑)。高麗人参に馴染みのない方に商品を手にとってもらうためには、まず知ってもらうことが大切です。そこでこの西宮店から、積極的に情報を発信していこうと考えました。
 
八木 今のお話で感心したのは、「買ってください」ではなく「知ってください」という姿勢をとても大事にされている点です。相手がいて初めて商売が成立するということを、よく理解されていらっしゃる。
 
glay-s1top.jpg
草山 これは私の仕事観に通じており、どんな仕事も「二人称」だと考えているんです。自分の望む形に物事を運ぼうとしても、頓挫してしまいます。というのも、仕事には必ず相手がいて、その相手には感情がありますから。その感情を無視して、一方的に話をしても相手には伝わりません。
 
八木 常に誰かと連動しているという意識を大切にされているんだな。そこにはサッカーに打ち込んだ経験も活かされていそうですね。
 
草山 そうですね。サッカーでも、監督からの指示や与えられたポジションを忠実に守るだけでなく、自分のプレーによって周囲がどう動き、試合展開がどう変化するのかを考えていました。
 
八木 スポーツ選手としての草山社長の思考にも、非常に共感を覚えます。なおかつ、その考えをビジネスにしっかりと活用されているのはさすがですよ。本日はお話を聞いて、高麗人参への興味がより高まりました。健康に少しでも興味のある人は、ここに来れば、さらに視野が広がるんじゃないかと感じましたね。ぜひこれからも高麗人参の良さを多くの人に伝えてください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事は1人では成立しません。自分本位ではなく、協調性を持って取り組めば、視野が広がり楽しめると思います。
(草山明)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社インフォコネクト/正官庄 西宮店
■ 本社 〒662-0074 兵庫県西宮市石刎町17-11-104
■ 事業内容 健康食品の卸販売
■ 設立 平成18年11月
■ 従業員数 4名
■ 主な取引先 ニップン商事株式会社/株式会社韓国人参公社ジャパン
■ ホームページ https://www.infoconnect.jp
https://rgjn2018.theshop.jp (正官庄西宮店)
■ インスタグラム https://www.instagram.com/rgj_nishinomiya2018
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事