B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

要望に合うプランを提案
顧客第一の保険代理店

 

本当に必要なサービスを提供

 
glay-s1top.jpg
タージン 運送会社からいくつかの営業職を経て、さらに異なる業界の保険業界を選ばれたと。
 
佐藤 はい。運送と保険は、確かに業界は異なります。でも、お客様が商品ではなくブランドを選択する意味ではどちらも同じなんですよ。例えば、運送会社を利用する場合、お客様がA社よりもB社のほうが得だと思って契約を変更したとします。ところが、そのお客様にとっては料金の支払い先が変わるだけで、荷物の配送という大枠のサービスそのものは同じなんですよ。つまり、そのサービスを利用しているお客様が、ブランドの価値で選んでいるんです。それは保険も同様です。私はお客様が望まない商品を売りつけるのではなく、みなさんがすでに利用しているサービスの中から、よりお客様にフィットしたサービスを提案する仕事なら、自分の性格にも合うと思ったんです。でも正直、保険代理店の仕事がここまで合うとは思いませんでしたね。
 
タージン みんなが利用している既存のサービスの中で営業するという考えはおもしろいですね。普通は、すでに保険に加入しているお客さんに営業しても、断られてしまうと思います。
 
佐藤 ええ。みなさん何らかの保険に入っていますよね。でも、多くは保険担当者が提案したプランを金額だけで判断して契約されているんですよ。だから、ご契約内容が自分に合っているかどうかを詳しく把握している方は少数ですね。
 
glay-s1top.jpg
タージン お客さんにとって本当に必要な補償もあれば、いらないものもあると。    
 
佐藤 そうなんです。契約をチェックすると、無駄な補償がたくさんついていることがよくありますし、その割には必要な補償が付いていないというご契約内容になっていることが多々あります。そこで、お客様にその補償が本当に必要かどうかを説明し、補償一つひとつの単価まですべて提示したうえでプランを提案します。すると、「以前より保険料は下がったのに内容がよくなった」と、お客様に喜んでいただけますね。
 
タージン それは佐藤社長の信頼度も上がりますね! 私も見直しをお願いしたいですよ。毎年、保険の更新案内が来たら条件反射的に更新しますし、内容も細かく見ませんからね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事