B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

油や水のコスト削減で
厨房環境を改善する

 

手荒れとゴム手袋のジレンマから救う洗剤

 
glay-s1top.jpg
タージン エース販売さんの、第2の主力商品「MIZUKI プラスA」についても教えてください。
 
栗山 MIZUKI プラスAは、食器洗いなどに使用する中性洗剤です。最大の特長は、手荒れの原因となる界面活性剤の配合が少ないこと。一般的な家庭用洗剤では30~40%のところ、MIZUKI プラスAでは15%にまで抑えているんです。
 
タージン 半分以下とは驚きだなぁ! 手荒れの心配が少ないと、喜ぶ方も多いでしょう。洗剤としての性能が気になるところです。
 
栗山 では、簡単に実演してみましょう。
 
タージン 匂いは清潔感のある、良い香りですね。おっ、泡立ちは抜群じゃないですか。
 
栗山 洗剤の分子も、通常の洗剤より5分の1~10分の1と非常に細かいんです。分子が細かいと全体の表面積が増え、油の吸着能力が高まります。また、分子の大きな普通の洗剤では、吸着した油が塊となり、シンクの配管、S字トラップに引っかかってしまうことも。これが夏場だと悪臭の原因になるのです。
 
タージン 配管の詰まりや臭気の原因は、もとを辿れば洗剤にあったかもしれないのか!
 
栗山 その点、分子の細かいMIZUKI プラスAだと、吸着した油の塊も細かいから配管の中をスムーズに通過します。また、1%の酸化チタンも含有しているため、殺菌効果もあるんですよ。
 
glay-s1top.jpg
タージン 理想的な洗剤だなぁ。私はやっぱり手荒れの心配が少ないのが非常に良いと感じます。私の母も、「ゴム手袋をすると洗いづらい」とよくこぼしていまして。そんな方に、ぜひ効果を確かめていただきたいですね。
 
栗山 実は、ボランティアの1つとして、MIZUKI プラスAの見本を児童養護施設へ寄贈していまして。施設への導入を企業として検討してもらえるなど、好意的な反応もいただけているんです。
 
タージン 手荒れとゴム手袋とのジレンマに悩まれている方は多いと思います。こちらもミズカライフ-200と同様に、ヒットの予感がする商品ですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事