B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

惜しみないサービスで 
マンションは常に満室

 

入居者が幸せになれる環境を提供したい

 
glay-s1top.jpg
名高 入居の際にプレゼントをくれる大家さんというのは、聞いたことがありませんよ。その画期的な発想は、いったいどこから思い浮かんだのでしょうか。
 
河原 それは私が当マンションの入居者様、特に女性には健康で美しくなっていただき、ちょっとした幸せを感じてもらえるようにしたいと考えたからです。女性にとって住まいとは幸せになるための場所。私は、女性の入居者様が幸せになれる住まい探しを応援したいんです。
 
名高 確かに、ご夫婦でも住まいについては女性の意見が強いもの。家賃の1ヶ月分に近い金額の健康アイテムをいただけるなら、それだけで幸せになれますよ。入居者さんの幸せを目的としたサービスを提供している大家さんは、なかなかいないでしょうね。
 
河原 ええ。同じようなことをしている大家さんの話は耳にしたことがありませんね(笑)。
 
名高 素晴らしいアイデアだと思いますよ。健康アイテムのプレゼントを通じて、入居者さんと河原社長の交流も深まるのではないでしょうか。
 
河原 名高さんのおっしゃるとおりですね。普通、マンションの入居者と大家の間には不動産会社や管理会社が入るため、お互いに顔も知らないことが多いんですよ。でも、健康アイテムのカタログは私の手から入居者様にお渡しするので、顔や人柄を理解できてお互いに安心感が高まります。入居者様とコミュニケーションをとるきっかけになることが、プレゼントを始めて一番良かったことですね。
 
名高 そのコミュニケーションのおかげで、入居している皆さんも気持ち良く住むことができますね。設備の不具合や環境の相談なども伝えやすくなるし、誰もが安心して暮らせますよ。お話をうかがって、河原社長が何よりも入居者さんの幸せを願っていることがわかりました。
 
glay-s1top.jpg
河原 そうですね。私の役目は「このマンションに住んで良かった」「幸せだ」と言っていただける環境をご提供すること。その思いが伝わり、入居者様が幸せを感じてくだされば、私も幸せになれるんです。
 
名高 なるほど。具体的にはどういった瞬間に幸せを実感しますか?
 
河原 例えばマンションの玄関から、晴れやかな顔でお出かけになる入居者様と出会ったり、帰宅した入居者様とすれ違ったりしたときですね。私に気付いてくだされば声をおかけしたり、手を振ったりしています。入居者様の素晴らしい笑顔に見合った住まいをご提供できて本当に良かったと感じますね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
入居者様の晴れ晴れとした表情を見ることです。マンションに住む皆さんが、笑顔で何気ない日常を過ごすことができているのだと感じることが一番の喜びですね。
(河原哲郎)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 有限会社アーク・ケイ
■ 本社 〒233-0012 神奈川県横浜市港南区上永谷2-13-44
■ 事業内容 賃貸管理業
■ 設立 平成4年4月
■ 従業員数 5名
■ 主な取引先 株式会社東都 他
■ ホームページ https://ark-k.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事