B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

骨格調整で健やかな美を
血流を改善する樽温浴

 

体を本来の状態に整えて痛みを軽減

 
glay-s1top.jpg
矢部 親子そろって薬いらずとは、徹底されているんですね。では、骨格美容とはどんな風に出合ったのですか?
 
増田 下の子が生まれた後、歩けないほどのぎっくり腰を患ったときのことです。骨格調整をしている整体の先生を紹介されてみてもらうと、1回の応急処置ですぐに歩けるようになり、次の日には痛みもなくなって、これはすごいと思いました。頭をメインに、優しく痛みなく骨格を整える骨格調整を体験したことがきっかけで、頭部と首から下の体は、ただつながっている以上に深い関係があり、例えば腰痛も頭をみることで施術できるんだと実感したんです。それから7年間、骨格調整を勉強しました。
 
矢部 子育てと並行して、それだけ長く勉強を続けられたのはすごいと思います。開業を意識したのはいつ頃でしょう。
 
増田 勉強を始めて6年目くらいから、頭をさわると、その人のいろいろなことがパッと直感でわかるようになりました。体調や、美容に関する悩み──例えば、顔のここの部分のしわ、気になるだろうな・・・といった悩みですね。でも、すぐにサロンを構えるつもりはなくて、しばらく自宅で知り合いに骨格調整を行っていたんです。あるとき、たまたま駅前のテナントを借りられることになり、そこで一般のお客様にも施術を始めました。2016年6月から現在の場所に移転し、そろそろ2年になります。
 
矢部 そうだったのですね。それでは、Vermillionさんの骨格調整とはどのような術なのか、基本的なところを教えていただけますか?
 
glay-s1top.jpg
増田 先ほど腰痛も頭でみられると言ったとおり、首より下に痛みが出ている場合でも、大抵の場合、原因は頭と体のバランスにあるんです。人間は2足歩行なので、このバランスが崩れると、体のあちこちに無理が生じて痛くなってしまいます。だから、頭から首にかけての部分を本来の状態に整えることにより、痛みを軽減させるだけでなく、お肌の状態を改善することもできるんです。
 
矢部 なるほど、だから骨格美容とうたっているんですね。
 
増田 ええ。女性にとって美は永遠のテーマです。突き詰めると、健康あっての美容なので、表面をつくろうよりも、まず健康になることが美への近道ではないでしょうか。当サロンは「痛みがなくなったらきれいになれた!」をコンセプトに、肩凝りや腰痛、むくみの解消を通して、より美しくなっていただくことを目指しています。