B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 大阪府守口市を拠点に、工場専門の建築工事を手がけるセイケン建装さん。その内容は土木、防水、鉄骨、塗装、板金、足場、大工、設備など、本当に多岐にわたっているとお聞きしました。
 
村井 そうですね。将来的には、工場で必要とされる修理や工事の、ほぼすべてをカバーすることを目標にしています。工場の種類や規模もさまざまですよ。私は工事の営業や打ち合わせ、見積もり、そして現場監督を務める他、自ら職人としても施工しています。
 
杉田 まさに、八面六臂のご活躍ですね! それにしても、住宅やマンション・店舗などには関わらず、工場だけを施工する会社があるとは初めて知りました。他の建築物と工場では、工事の進め方にどのような違いがあるのか教えていただけますか。
 
村井 住宅や商業施設と工場の最も大きな違いは、工場が常にものを生産している場所であるという点でしょうか。製造ラインをストップさせることは絶対にできませんし、生産するものによって工場の劣化の仕方も異なります。かなり特殊な分野なので、経験やノウハウが必要なのはもちろん、いかに迅速かつ臨機応変な対応をできるかがポイントになってきますね。
 
杉田 工場のラインを止めることなく工事をするとは、すごい技術をお持ちなんですね。
 
glay-s1top.jpg
村井 それは、技術というより段取りの組み方がポイントなんですよ。現場によっては午前中しか施工できないとか、午後しか工事ができないというケースもあるので、施工する工場にも、職人にも負担をかけないようスケジュールを組まなければなりません。これを上手にこなすところが、私にとっては一番の腕の見せどころですね。
 
杉田 セイケン建装さんがしっかりとメンテナンスをしてくださるから、工場では良い製品をつくることができるわけですね。ある意味で村井代表は、日本のものづくりを陰で支える功労者と言えますよ。村井代表の工事の進め方について、ぜひ具体的に教えてください。