B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

複数店舗を一元管理! 
EC事業者の支援ツール

 

管理が楽になり、夢の併売も行える「アマヤフ!」

 
山本 確かに、それぞれのモールごとに運営・管理するのは非常に手間がかかりますよね。
 
glay-s1top.jpg
矢部 複数出店することに憧れはあるんです。私もそうですけど、お客さんからしてみたら、普段コツコツ貯めているポイントの種類で買い物をするお店を選びますもんね。AmazonはTポイントが使えませんから、「ショッピングはTポイントが使えるYahoo!ショッピングでする」という話を友人からもよく聞きますので。
 
山本 そうなんです。楽天市場の楽天ポイントも同様で、お客様によってお好みのモールは異なります。ですから、機会損失にならないようEC事業者は消費者の目に留まりやすいよう、弊社と同じく複数のモールに店舗を構えようと考えるのです。
 
矢部 そもそも、どのモールに出店するにせよ、同じEC事業者が運用しているショップですよね? 仕様を統一して管理を一元化することはできないんでしょうか?
 
山本 モールの経営母体が異なる以上、それは望めないでしょう。そこで弊社が、AmazonとYahoo!ショッピングでの併売に必要な、あらゆる作業をほぼ全自動で完結させるツールをつくろうと考えました。それで開発したのが「アマヤフ!」です。複数のモールで運営する各ショップの管理を全て一括で行えますので、出店登録も運営方法が異なるために諦めてしまいがちな、“他社ECサイトとの併売”もできる夢のツールなんですよ!
 
矢部 すごい! それなら買う側も、貯めているポイントの銘柄に関係なく、どのサイトも利用できて便利ですね。
 
glay-s1top.jpg
「アマヤフ!」を使えば24時間自動で併売管理ができる
山本 ちなみにアマヤフ!はYahoo!ショッピングから認定されていますし、ソフトウェア特許も取得しています。運用が簡素化されれば出店したいという事業者が増えますから、Yahoo!ショッピングとしてもメリットがあるということです。使い方や出品の仕方がわからない方も、このシステムをご利用いただけば運営管理の煩雑さから開放されますからね。
 
矢部 モールの運営母体にもメリットがあるんですね。そんなに便利なら、ショップを立ち上げる楽しみが増しますよ。私も使ってみたくなっちゃいました!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事