B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 スタジオDplus(ディープラス)株式会社の杉本社長は、住宅のリノベーションやリフォームを手がけているそうですね。社名にある、Dplusにはどんな意味が込められているんですか?
 
杉本 お客様の普段の暮らしに、「デザインをプラスしたい」という意味を込めています。リノベーションはもちろんですが、対面キッチンや、バリアフリー、オール電化、耐震リフォーム、ペットに優しい住まいなど、部分リフォームもお任せください。お客様の好みやライフスタイルに応じた提案を心がけています。できるだけ費用をかけずにデザインを提供するのが私の仕事だと思っています。
 
畑山 なるほど。既存の住まいにデザインをプラスしてくれるわけだ。その姿勢を社名に込めているのですね。
 
杉本 はい。お客様とイメージを共有し、ご満足いただけるデザインをプラスいたします。私はもともとアパレル関係の仕事をしていて、色彩の勉強もしていたので、その経験が、内装の色をコーディネートすることにも役立ちました(笑)。
 
畑山 もともとはアパレル業界で働いていたのですね。
 
杉本 ええ。その後、仕事の幅を広げるために建築の仕事を経験し、不動産業にも携わった後に、今の仕事を始めました。建築をやっていた頃は、一人で基礎工事から完成までの作業すべてを担っていました。
 
畑山 これまでの経験のすべてが、今の事業に生きているんでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
杉本 そう思います。お客様にとって、住宅のリノベーションやリフォームは日常的にするものではありません。そのために注目されることはあまりないのですが、ほんの少しお部屋のアイテムを変えるだけでも、室内の印象はだいぶ変わるんです。例えば、部屋の一部に使用する材木の種類や、壁紙の色の組み合わせを変えるだけでも、部屋全体の印象を変えることができます。しかし、実際にリノベーションをしたいと考えても「どの部分をどう変えたらいいのだろう」と、わからない方がほとんどなんです。