B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ジュエリーに生花など 
何事にも挑戦する企業

 

実家の借金を完済し土地も買い取る

 
前田 福岡では、1年半ほど母の看病をしていました。その際に、母が多くのものを背負いながら私を育ててくれたことを知ったんです。
 
glay-s1top.jpg
川﨑 お母様の人生も、前田社長と同じくたくさんの荒波に揉まれてきたということでしょうか。
 
前田 ええ。母は私が幼い頃に父と離婚し、スナックと小料理屋をきりもりしながら育ててくれました。店を経営するために多額の借金までしていたんです。「母に贅沢をさせたい」と考え家を出て働いていましたが、その判断は間違いだったのではないかと後悔してしまいました。
 
川﨑 僕も、まだ物心がつく前に両親が離婚したので、父親のことは全く覚えていないんですよ。大阪の実家にはたびたび帰りますし、母は今も元気に飲食店を経営しています。その店でお客さんとコミュニケーションを取ることが母の元気の秘訣だと思うと、東京に呼び一緒に住むことができないですね(笑)。前田社長も、お母様の人生を知り様々な感情が生まれたことと思います。最後はどのようなご決断をしたのでしょうか。
 
前田 まず、それまでに稼いだ資金で母が抱えていた借金を返済し、実家の土地建物などのローンを全て返済しました。その後、病状が安定した母を連れて長野や東京で事業を興したんですよ。現在、母は福岡の筑豊に戻り1人暮らしをしています。今は、母が経営していた店をジュエリーの加工工房として使っているんです。
 
glay-s1top.jpg
アクセサリーを見せてもらう川﨑さん
川﨑 いやあ、前田社長の決断力と行動力には並外れたものがありますね。稼ぎを全てお母様のために使うなんて、なかなかできることではありませんよ。心の底から尊敬します。その後、どのような経緯があり現在のお仕事を始めたのでしょう。
 
前田 大きな転機になったのは東日本大震災ですね。その日は友人が経営する土木系の仕事関連で山形にいました。私は学生時代から地元を離れるまで、土木系のアルバイトをしていたので、重機などの資格を持っていたんです。