B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

訪問診療とリハビリで
地域の健康維持に貢献

 

リハビリランドとして地域の健康を下支え

 
glay-s1top.jpg
杉田 今後はどのようなことをお考えですか?
 
山中 1つは再発予防の重要性の周知。もう1つは、当クリニックのリハビリ領域のさらなる拡充です。
 
杉田 先ほども日本における再発予防は遅れがあるとおっしゃっていましたね。
 
山中 突如発生する脳疾患の恐ろしさは、広く認識されています。だから地道な活動を続ければ、血圧管理など日常的な予防も重要性も認知されるのではと期待しています。
 
杉田 では、リハビリ領域の拡充について、具体的なお考えもぜひお聞かせください。
 
山中 「リハビリランド」として、様々な手法でリハビリテーションの可能性を追求し、さらに地域の方々の憩いの場になれればと構想しています。杉田さんが褒めてくださった、このビーチのイラストも、その思いから友人に描いていただいたんですよ。
 
杉田 リハビリランド!? ずいぶん魅力的な響きの言葉です。一体、どのようイメージなんでしょう?
 
glay-s1top.jpg
山中 海で泳ぐために準備体操をしたり、泳ぎ疲れた体を休めたりする島というイメージですね。また、その島は楽しく交流できる場所でもあります。別の場所で泳いでいる人も思わず誘われるようなね(笑)。実際に、ガラス越しに「何をしているんだろう」と、興味深そうに覗いていかれる方も多いんですよ。
 
杉田 実は、リハビリ施設ってどこかネガティブなイメージがありました。その暗い印象を180度変えてしまうような、素晴らしい場所です。楽しい雰囲気って、とても大事だと思います。というのも、母がリハビリしていたとき、明るい色のウェアを着せてあげると、前向きな気持ちで取り組むようになったんです。
 
山中 「病は気から」との言葉もありますし、気持ちと体、両方の相乗効果があれば、より健康になれますよね。もっとも、利用者さんの中には1人でじっくりとリハビリしたい方もおられます。そのために、集中して取り組めるスペースも用意していますよ。
 
杉田 診療と同じく、リハビリでもその人に合わせたやり方を提供されているんですね。専門医として実績のあるドクターをそばにリハビリできるのも、患者さんにとって心強いことだと思います。これからも地域の健康のため、ぜひ頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
患者さんに寄り添い、その方のために何ができるのかを考え、実行していくことです。
(山中一功)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 山中脳神経外科・リハビリクリニック
■ 所在地 〒545-0001 大阪府大阪市阿倍野区天王寺町北3-11-4 スギ薬局林寺店2F
■ 事業内容 脳神経外科・内科・リハビリテーション科クリニック
■ 設立 平成29年9月
■ 従業員数 15名
■ ホームページ https://yamanakacl.com