B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

訪問診療とリハビリで
地域の健康維持に貢献

 

訪問診療で提供できる医療の幅が増えた

 
glay-s1top.jpg
山中院長が信頼を寄せるスタッフたち
杉田 リハビリ領域に関しては、療法士さんとの連携も重要になってくると思います。
 
山中 おっしゃる通りで、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士が当クリニックのスタッフとして在籍しています。みんな、とても素晴らしいスタッフで、当クリニックの宝といっても過言じゃありません。また、業界では珍しく、この3領域の全てをそろえて開院できた縁にも感謝しています。
 
杉田 すごく理想的な信頼関係で結ばれているんですね。その関係性は、どうやって築かれているんですか?
 
山中 みんなで食事に行くなど、日頃からコミュニケーションをとっています。私を含め、それぞれの領域の専門家として、何でも意見を出し合える仲ですよ。このように、他の医療関係者と密に連携することも、勤務医時代とは違った楽しさがあります。
 
杉田 スタッフが忌憚なく意見を出し合えるクリニックって、患者側としてはとても心強いものがあります。その他、開院されてから感じるやりがいなどは、どんなものがありますか?
 
山中 たくさんある中でも、一番は在宅診療、訪問診療でしょうか。病室ではなく、実際にお宅へうかがうわけですから、患者さんがどのような日々の暮らしをしているのかを踏まえた診察が可能になります。「この家の構造なら、トイレに行くのも大変だろうな」など、その患者さんが今抱えている日常の悩みなどまで把握し、それを解決するような治療を行うことは、勤務医時代にはなかなかできないことでした。
 
glay-s1top.jpg
杉田 なるほどなぁ。私の母が訪問診療の先生を頼りにしていたのも納得です。その人が今、一番してほしいケアを提供してくれるわけですからね。
 
山中 もう1つ、訪問だからできることがあります。それは、ご家族のことを考えた治療が行えることです。例えば認知症の患者さんの場合、医者としては認知症の治癒を第一に考え、症状の回復を期待することは理想です。しかし、ご家族の状況によってはまず、徘徊などの周辺症状の緩和治療を優先すべき場合もあるんですよ。
 
杉田 介護疲れによる不幸を回避するためですね。その危険性は、自宅の状況などを実際に見ることで、より正確に判断できそうです。
 
山中 はい。患者さんに加え、ご家族とも向き合うことができれば、提供できるケアの幅も広がります。「この人のために何ができるんだろう」と考える機会が増えたことが、在宅・訪問診療のやりがいにつながっています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事