B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

今以上に暮らしを豊かに
低コストで高品質な住宅

 

新築の家づくりを通じ、お客様の幸せに貢献

 
glay-s1top.jpg
杉田 お互い支え合いながら成長する。美しい親子関係です。お父様もそんな嵯峨根社長の働きに、強い信頼を抱いておられたことでしょう。嵯峨根社長がお客様に新築の家づくりをご提案する際、心がけていることをぜひうかがいたいです。
 
嵯峨根 新築を建てることで、“心もおサイフも豊かになる家づくり”を常に意識しています。賃貸と変わらない値段で新築の夢が叶うなら、皆さん嬉しいですよね。同業他社様と比べても質は劣らないので、私がご提案する家はお客様に喜んでいただけると自負しています。
 
杉田 お財布も豊かになるなんて、素敵! でも、失礼ながら、ローコストな家づくりというと、どうしても、品質を落として安く建てるようなイメージがつきまとってしまいますが・・・。
 
嵯峨根 それは本当によく言われますし、ローコスト住宅最大の課題でしょう。弊社では「値段は落としても、質は絶対に落とさない」という強い信念のもと、お客様のご予算に合わせながら、ハイクオリティな家づくりを実現する工夫をしています。
 
杉田 お客さんにとっては、嬉しい限りですね。それにしても、嵯峨根社長はなぜそれほどまでにローコスト住宅にこだわるのでしょう?
 
glay-s1top.jpg
嵯峨根 例えば、毎月の支払が2万円安くなる計画で家を建てられれば、35年間で840万円も手元に残ります。それだけあれば、貯金だけでなく、趣味や海外旅行を楽しんだり、お子様の習い事にあてたりと、暮らしがとても豊かになりますよね。家に高すぎるお金を払い、生活が苦しくなるような新築は絶対にするべきではないんです。
 
杉田 なるほど。では、家づくりについては、具体的にどのような工夫を施しておられますか?
 
嵯峨根 例えば、100以上ある弊社の秘密の1つとして、採光に気を遣っています。12の採光の工夫があり、特別にそのうちの1つを明かすと、「現地調査をして近隣の状況まで考慮した窓の配置計画」というものがあります。実は注文住宅と言っていても、すでに用意されたプランの中から提案する会社さんが多いので、日当たりがいい所に窓がない、逆に日当たりが悪い所に大きな窓がある計画って多いんです。弊社は現地調査をして土地に最適な窓の配置をご提案するので、お客様から高い評価をいただいております。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事