B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 京都府出身。駆け落ち同然で結婚した翌日、夫の借金が発覚。返済のために仕事漬けの日々に。1年で完済するも新たな借金に追われ、離婚しシングルマザーの道を選ぶ。未経験だった不動産業界に自分を売り込み、不動産会社に就職。逆境でも努力を重ね、営業成績トップに輝いた。その後、転職した先でも7年連続で全国1位に。次第に自分の理想の接客を実現したいという思いが募り、独立を果たした。【ホームページ
 
 
 
賃貸マンション・アパートの仲介を手がけるクラスモ四条河原町店。経営する株式会社かなまるの代表取締役・山口加奈子氏は、シングルマザーとして未経験から不動産営業をスタート。7年連続で全国トップの成績を残して独立したという。女性ならではの気配りあふれるサービスと、「困っている人を助けたい」という思いやりで、顧客やオーナーとの信頼関係を築いてきた山口社長。その心意気と生き様に迫ってみた。
 
 
 

不動産未経験から3年で営業成績1位を獲得

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 クラスモ四条河原町店さんは、賃貸物件の管理や不動産の売買も含め、京都市内で幅広い事業を展開していらっしゃるそうですね。運営元である株式会社かなまるという屋号が気になります(笑)。まずは山口社長の歩みからお聞かせください。
 
山口 私の名前が加奈子で、“かなまる”はニックネームなんですよ(笑)。私が不動産の世界に飛び込むそもそものきっかけは、離婚でした。実は、若い頃に親の反対を押し切って駆け落ち同然で結婚したんです。でも、その翌日に夫から借金があることを告白されまして。それからは仕事とアルバイトを複数かけ持ちし、私の稼ぎで借金を1年で完済しました。しかし、夫は返済してもすぐ借金をつくるように…。結局、27歳のときに、3歳だった子どもを連れて離婚しました。
 
杉田 1人でお子さんを育てるのは大変でしたね。
 
山口 ええ。とりあえずお金を稼ぐため、経験はなかったものの不動産会社の面接に行ったんです。ところが、当時の業界は男社会。「女性は必要ない」と断られました。それが悔しくて、何社も電話をかけては「ぜひ会ってほしい」と、猛烈に自分を売り込んだんです。すると、採用してくれる会社が現れました。
 
杉田 素晴らしいバイタリティです! でも、未経験ではご苦労も多かったでしょう。
 
山口 確かに営業は未経験だったし、男社会でいじめられたこともありました。ただ、陰口を黙らせるには成果を上げるしかありません。その懸命な気持ちがお客様に伝わったのか、3年後には会社で1番の成績を取ることができたんです。