B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 外壁リフォーム専門店の株式会社シミズホームさん。外壁塗装はもちろんのこと、エクステリアや屋根の葺き替え、室内リフォームも手がけているとお聞きしました。清水社長は独立前も同じような仕事を?
 
清水 そうですね。17歳の時、アルバイトで外壁塗装の仕事を経験して以降、塗装職人として腕を磨いていました。当時、勤めていた会社が室内リフォームも手がけていたので、そのノウハウもあります。
 
畑山 十分な経験を積んでから独立なさったわけだ。会社を立ち上げたのはいつでしょう。
 
清水 創業が2015年7月3日。29歳の誕生日でした。法人化したのは2017年10月です。
 
畑山 誕生日に独立したところに強い思いを感じます。その時はご家族の反対もなく?
 
清水 妻は私が30歳までに独立して、工務店のような会社をつくりたいという夢を知っていたので、むしろ後押ししてくれました。独立にあたっては、これまでに出会った職人さんたちに「仕事が来た時はぜひお願いします」と声をかけていましたし、順調なスタートを切れたと思います。
 
畑山 素晴らしい奥さんですね。現在は従業員の方々も抱えているそうですし、着実に成長を続けていらっしゃるわけだ。
 
清水 はい。スタッフは現在4名おり、その中には昔から付き合いのある人材もいます。彼は以前、コーキング職人をしていまして。コーキングは塗装の技術があればできますが、長年専門でやっていた人の仕事のほうが、断然完成度は高いです。今は私の右腕として頑張ってくれているので、非常に頼もしいですね。
 
畑山 餅は餅屋ですね。その道のプロが集まったら最強の軍団になるだろうな。
 
glay-s1top.jpg
清水 弊社はまさに、それを目指しているんですよ。それぞれの分野の職人が集まることで住宅に関する困りごとなら全てに対応できる会社にしたい。職人さんは仕事が増え、弊社もお客様のニーズに高いレベルで応えられる。そんなふうに、弊社と職人さんがWin-Winの関係になり、結果的にお客様にも喜んでいただくのが理想です。また、独立後にお客様を紹介していただいた工務店さんや、私を一人前の職人に育ててくださった前社の社長の恩に報いるために、後進の育成にも注力する考えです。その社長の背中を見て育った私は、社長を目標に精進を重ね、お客様に心から喜んでいただける会社であり続けたいと思っています。
 
畑山 その意気込みでこれからも頑張ってください。ご活躍、期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人から褒められたり、成功を実感できたりする瞬間に向けて努力をしている過程が楽しいですね。前向きに考え、成果を出すことにチャレンジし続けるのが、楽しむことにつながるんだと思います。
(清水博紀)
 

:: 企業情報 ::

株式会社シミズホーム

〒573-1155 大阪府枚方市招提南町2-19-17

ホームページ
https://shimizuhome.net/