B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

優れた燃料のLPガスで 
地域の生活を支え続ける

 

業界発展のため、そして地域のために

 
glay-s1top.jpg
杉田 熊坂社長は2016年の4月から、LPガスの業界団体で、要職を務めているそうですね。
 
熊坂 はい、神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を拝命しました。災害時の対応や緊急供給を行うためのマニュアルを配布したり、悪質業者による勧誘の回避策や市況調査、ガスの配送車両の点検などを行ったりしています。
 
杉田 なるほど。同業者同士が協力し合って業界の健全化を図ったり、地域社会への貢献活動などに取り組んだりしているんですね。
 
熊坂 そうです。オール電化を導入するご家庭も増え、LPガスの販売店の件数は減少傾向にありますので、協力しあって活動を進めています。
 
杉田 そういえば、2017年の4月に都市ガスの小売りが自由化されましたよね。これは業界にとって、大きな変化だったんじゃないですか。
 
熊坂 私が支部長に就任してからの大きな出来事の1つですね。通常はライバル関係にあるLPガスと都市ガスが、自由化によってLPガスの販売店でも都市ガスの代理店を務めることが可能になりました。ただ、都市ガスに参入するのは条件が厳しく、仕入れのルートも限られているので、今のところ状況はほとんど変わっておりません。2016年に電力自由化がありましたよね? 電力は参入がしやすいので、弊社も販売窓口になっています。ただ、ガスの自由化については当初予想したほどには、大きな動きはありません。今後も会員間で情報を共有しあっていきたいですね。
 
杉田 地域貢献活動では、お年寄りの見守り運動を行っているそうですね。
 
glay-s1top.jpg
熊坂 はい。ガスの検針などで各家庭を訪問した際、そこにお住まいの方の様子がおかしければ通報するという取り組みです。
 
杉田 それは助かります。最近は一人暮らしのお年寄りが自宅で転倒するなどの事故が増えているんだとか。地域には民生委員の方もいらっしゃいますが、民生委員さんだけでは対応しきれないでしょう。各家庭のことをよく知る地元業者の方が協力してくださるなら、非常に心強いですね。
 
熊坂 見守りだけでなく電球の交換や水道の修理など、できることであればすぐに対応させていただいているんです。まるで便利屋さんのようですが、「困ったことがあれば熊坂さんに連絡しよう」と地元の方々に思ってもらえたら嬉しいですね。これから先、高齢化が進んでいく中で、できる限りのことをして地域社会に貢献していけたらと思っています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人生は一度きり。ですから、後悔しないように取り組むことですね。一生懸命仕事をして、遊ぶときは思い切り遊ぶ。メリハリをつけて、何事にもがむしゃらに取り組むことが大切だと思っています。
(熊坂功)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 有限会社熊坂商店
■ 本社 〒243-0303 神奈川県愛甲郡愛川町中津336-1
■ 事業内容 LPガス販売/配管設計・施工/リフォーム/灯油・その他燃料販売/住宅設備機器販売/煎茶・健康茶の販売/アクアクララ宅配/新電力受付
■ 創業 昭和42年10月
■ 従業員数 3名
■ ホームページ http://kumasaka-shouten.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事