B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン ボディビルダーならではの個別トレーニング指導を行っているという、HALEO(ハレオ)トレーニングスタジオWAKAYAMA(ワカヤマ)さん。最初に、軸丸代表のご経歴をお話しいただけますか。
 
軸丸 トレーニングを始めたのが小学2年生の頃なので、もう40年以上のトレーニング人生になります。転機は、30代前半でした。あるとき、トレーニング専門誌に憧れのボディビルダーの記事が掲載されていましてね。東京の横田基地で開催される日米友好祭のイベントの1つ、ボディコンテストでの活躍が紹介されていました。刺激を受けた私は「自分も出場しよう」と一念発起し、翌年、地元和歌山から東京へ出向いたんです。ただ、出場者の多くがアメリカ人だったので、筋骨隆々たる選手たちを見て自信を失いかけました。ところが、自分の番になってステージに上がると会場がどよめき、ポーズを取れば大歓声。私も驚きました。結局、そのコンテストで総合優勝したんですよ。
 
タージン すごい! 衝撃のデビューじゃないですか。
 
軸丸 幸運にも、アメリカで活躍する日本人ボディビルダーのパイオニアの方がその結果を聞いて、「アメリカにおいで。通用するよ」と鼓舞してくださいました。おかげで腹を決め、渡米したんです。それからは日米を往復し、両国の大会に出場する日々でした。ミスター・ロサンゼルスというコンテストでは毎回3位以内に入れましたね。特に、最後の出場となったときのことは忘れられません。
 
glay-s1top.jpg
タージン と、言いますと?
 
軸丸 ミスター・USAというアマチュア最高峰のコンテストの優勝候補2人がLA大会に出場し、彼らと共に私はベスト3に入ったんです。「コンテストへの情熱を全うした」と納得できる結果でした。その後は日本に腰を据え、サプリメントのメーカーであるHALEOのモデルを務めつつ、トレーニング講師として全国をセミナー行脚しまして。やがて父が倒れたこともあって帰郷し、2011年に、当スタジオをオープンしました。
 
タージン アメリカでの実績や国内での指導キャリアも積まれて、開業されたと。では、そんなHALEOトレーニングスタジオWAKAYAMAさんの特長を教えてください。