B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン みまもり支援株式会社さんは、とてもよい商号ですね。わかりやすく、かつ温かみがあります。具体的にはどのような事業を手がけておられるのでしょう。
 
前田 弊社では終活のお手伝いや、高齢の方の見守り支援などを行っています。
 
タージン 終活という言葉は、近年よく耳にしますね。どのような支援が多いのですか?
 
前田 大きな目的はエンディングノートの作成です。故人の他界後、様々なことでご家族がお困りになるのはよくある話。通帳や印鑑の保管場所から、本人しか知らない財産のこと、借金のこと、あるいは飼っているペットをどうするかということまで、お元気なうちに記録に残すことが重要なんです。
 
タージン 以前仕事で、エンディングノートの啓発イベントに呼ばれたことがあります。残された家族へ、どのようにバトンを渡すかが大事ですよね。きちんと考えている方は、葬儀に誰を呼ぶかまで記しているのだとか。
 
前田 そうなんです。ただ、そこまでしていても、転居や電話番号の変更などでいざというときに不通であることも少なくありません。そのため、毎年更新することをお勧めしています。
 
タージン つくり始めるのに適した年齢はあるのですか?
 
glay-s1top.jpg
前田 死は誰もが避けては通れない道ですし、いつその日が来るかわかりませんから、つくり始めるのに早い遅いはありませんよ。
 
タージン なるほど。では、見守り支援というのはどのようなことを行っておられるのでしょう。
 
前田 お子さまが離れて暮らしているため、単身やご夫婦のみで暮らしているご高齢者がいらっしゃいますよね。電話やメールで連絡は取れても、それだけでは生活の様子がわからないと心配しておられるご家族は少なくありません。そうした方の代わりに、私が訪問し、ご様子をうかがったり、話し相手になったりするんです。歳を取ると片付けがおっくうになり、物が溢れて転倒の危険性が高まりますから、不要品の整理を行うこともありますね。
 
タージン それは助かりますね。遠方から、親の様子を見るために帰郷するとなると、お金も時間もかかります。それに、離れていると心配なのに、会うと喧嘩をしてしまう、という親子の話もよく聞きますからね。その点、プロに任せるほうが安心かも知れません。
 
前田 おっしゃる通りです。訪問中の話の内容からエンディングノートをつくることも可能ですから、多くの方のお役に立ちたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事も人生も同じで、いいことばかりでなく、必ず困難に見舞われるときも来ます。困難の後にはいいことがある、と日常を受け入れれば、仕事も楽しめると思いますよ。
(前田千晶)
 

:: 企業情報 ::

みまもり支援株式会社

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3-6-22 日宝北大阪屋ビル4F2号

ホームページ
http://mimamori-shien.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事