B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 千葉県出身。18歳からダイバーとして千葉沿岸で潜水業務を行う。25歳のときに、知人の紹介で土木建築会社に就職。その後、鉄筋工事のスキルを身につけ、個人事業主として独立した。10名ほどの職人を雇用するなど、業績は順調に推移。2007年に法人化し、(株)山田鋼業を興した。現在は、協力会社も含めると、約40名のスタッフが在籍。そのマンパワーで、大規模施設の施工も多く手がけている。【ホームページ
 
 
 
地震大国の日本では、建造物の強度がとても重要視されている。とりわけ大型施設や大規模な交通インフラ施設が数多く存在する関東圏ならなおさらだ。その安全を根幹から支えているのが、関東一円で鉄筋工事を手がけている株式会社山田鋼業。安全第一、現場第一をモットーにした高い施工技術はもちろんのこと、鉄筋や鋼材の調達から加工、運搬までを請け負う一元管理も、「納期短縮に有効」と業界内で評判を呼んでいる。
 
 
 

鉄筋工事のことなら山田鋼業にお任せあれ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 建設工事全般に対応なさっている山田鋼業さん。まず、具体的な業務内容を教えていただけますか。
 
山田 建設工事は、足場の組み立て、鉄筋の組み立て、型枠の3つに大別されます。私たちが手がけるのは、その真ん中。打設職人さんが型枠にコンクリートを流し込む際の軸となる鉄筋を組み立てる仕事です。
 
水野 粘土の造形で例えるなら、肉付けするための土台となる針金が鉄筋にあたるわけですね。
 
山田 その通りです。さらに弊社では現場での施工に加え、材料荷受から鉄筋加工、搬出や運搬、搬入も協力会社との提携のもと一括で手がけています。
 
水野 ということは、図面をお渡しすれば山田鋼業さんに全てお任せできるんだ。1つの会社が最初から最後まで担当してくれると、その分ミスも減りそうだし、施工期間の短縮にもつながるでしょう。これは元請け企業には大きなメリットですね。
 
山田 鉄筋工事一式に対応できることは、私たちも大きな強みだと思っています。だから、自信を持って「鉄筋工事のことなら山田鋼業にお任せを!」と言えるんですよ(笑)。