B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 福岡県出身。若い頃にバンドをしていたつながりから裏方に誘われ、オーディションの審査員を担当した。電気関係の仕事をしていた友人が独立する際に声をかけられ、2009年に高島電気を設立する。その後、高島電気を引き継ぎ、2017年に(株)エジデンとして新たなスタートを切った。現在は6人のスタッフと共にお客様第一をモットーに日々奔走し、成長を続けている。【ホームページ
 
 
 
「困っているお客様の役に立ちたい」。そんな思いを胸に走り続けてきた株式会社エジデン。住宅、店舗の電気設備に関することなら何でも任せられる頼もしい存在だ。自身を「断れない性格」と分析する絵島崇代表取締役。それこそが常に新しいことに挑戦するチャンスとなり、大きく成長できた理由に他ならない。どんな状況でもポーカーフェイスを貫く強い精神力はどこから来るのか。絵島社長の仕事に対するこだわりと今後の目標とは?
 
 
 

電気に関わることなら何でもお任せ!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 西岡利晃(元ボクシング世界王者)
西岡 住宅の電気設備全般および消防車の電気設備を手がけるエジデンさん。まずは絵島社長のこれまでの歩みをうかがいましょう。
 
絵島 私は福岡県の出身で、大阪に来たのは25歳のときです。実はそれまでずっと音楽をやっていた縁で、オーディションの審査員をしていたんですよ。
 
西岡 えっ! 全く電気とは関係のない分野ですね。では、電気関係の仕事はいつから?
 
絵島 2009年です。電気関係の仕事をしていた友人が独立する際に誘われ、友人の名前「高橋」と私の「絵島」から「高島電気」と名付けました。当時の私は全くの素人でしたから受付や営業を担当し、彼が現場に行くという役割分担だったんです。結局2人で運営したのは1年弱。その後は私がそのまま高島電気を引き継ぐ形で7年続け、2017年、法人化する際、エジデンに改名したんです。
 
西岡 心機一転ですね。業務内容は主に住宅の電気関係とのこと。具体的にお聞かせください。
 
絵島 エアコンの取り付けや取り外し、コンセントの追加、防犯カメラの設置など、住宅、店舗問わず、電気に関わることなら何でも請け負っていますよ!