B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 安達歯科クリニックさんは、リラックスできる雰囲気の内装ですね。清潔感があるいっぽう、温かみも感じられます。歯科医院で順番待ちをしている間って、治療が気になってそわそわしちゃうものですが、ここなら落ち着いて過ごせそうです。
 
安達 ありがとうございます。ソファーは座り心地も考えて選び、院内はバリアフリーにして、車イスのまま診療室にお入りいただけるつくりにしています。また、キッズコーナーもありますので、お子さま連れの方でも安心して治療を受けていただけると思いますよ。
 
矢部 最近はインプラント専門、審美専門の歯科医院なども増えてきましたよね。そんな中、安達院長は一般歯科から予防歯科、小児歯科、口腔外科など、幅広く診療を行っていらっしゃるのですね。
 
安達 はい。中でも根管治療と言う、歯の根っこの部分の治療に力を入れていまして。全国でも数%の歯科医院でしか導入されていない顕微鏡等を使用して治療を行っています。
 
矢部 以前、治療のために行った歯科医院で、虫歯とは別に歯の根っこの部分が悪くなっていると言われました。根っこをきちんと治さなければ、被せ物をしてもすぐにだめになってしまうと聞き、長い時間をかけて治療をしたんです。
 
安達 その先生のおっしゃる通り、きちんと治さなければまたすぐに治療が必要になってしまう場合があります。被せ物をしてしっかりと噛めるようにするためには、しっかりとした根管治療が必要です。しかし、日本の保険診療では根管治療の手間の多さ、複雑さの割に診療報酬が低いことから十分な処置ができないことも。歯を失ってしまうとブリッヂや入れ歯、インプラントによる治療になります。
 
矢部 インプラントは金銭的負担も大きいですし、外科手術で身体的な負担も大きいと聞いたので、できれば避けたいものです。
 
明るく清潔感のある待合室
明るく清潔感のある待合室
キッズスペースがあるので子ども連れでも安心!
キッズスペースがあるので子ども連れでも安心!