B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 茨城県出身。高校卒業後、理美容系の専門学校に進学するも、将来の明確な目標を抱けないと感じて退学する。その後居酒屋で働く中で、19歳にして「居酒屋の仕事が天職だ」と確信するほどのやりがいを感じたことから、「30歳までに独立する」と決断。各所の飲食店で10年間修業を積み、2017年9月に夢追い居酒屋「夢叶屋」をオープンした。【ホームページ
 
 
 
茨城県稲敷郡阿見町にオープンした創作和食居酒屋の夢叶屋(むとや)は、「特製おでん」、「牛すじ煮込み」、「鶏の唐揚げ」の三大メニューが自慢の店だ。店主を務めるのは、10年間飲食店で修業を積んだという、小寺勇輝氏。それだけに料理へのこだわりには並々ならぬものがあり、納得のいく仕上がりにならないときは、その料理を出さないこともあるという。料理にも顧客にもとことん誠実に向き合う小寺氏に、その真意を聞いた。
 
 
 

19歳で描いた夢を予定通り実現!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 茨城県稲敷郡阿見町で2017年9月にオープンした、おでんと煮込みが自慢のお店、夢叶屋さんにお邪魔しています。正式には「夢追い居酒屋 夢叶屋」だとか。とても印象的な屋号ですね!
 
小寺 これは19歳で、「30歳までに自分の店を開こう!」と決めたときに考えた屋号なんです。必ず自分の夢を叶えよう、という誓いを込めてつけました。
 
川上 2017年現在で、小寺さんは29歳とお聞きしています。決意の通り、30歳までに夢を実現されたんだから、ご立派です。そもそも19歳で将来の夢を持っていたなんて、すごいですよ。
 
小寺 ありがとうございます。高校を卒業後、一度は理美容の専門学校に入学したものの、何かやりたいこととは違う、と思って退学しまして。それで居酒屋のアルバイトを新しく始めたところ、とても楽しくて「これだ!」と思えたんですよ。だから10年間は飲食店で修業しようと決めて、様々なお店で勉強させていただいた後に、独立しました。
 
川上 しっかり計画を立てて取り組んでこられたんだ。それに意志が明確だから、こうして夢が実現したのでしょうね。
 
小寺 人にも恵まれたんですよ。アルバイト先の居酒屋では、和・洋・中それぞれの職人さんのもとで修業ができたので料理の基礎を学べましたし、他にもたくさんの良き師匠、兄弟子にお世話になりました。今、野菜を卸してくれているのも先輩ですし、酒屋さんも昔からお付き合いさせてもらっている方にお願いしています。こうした縁をこれからも大事にしたくて、地元で開店したんです。
 
川上 そうでしたか。行動にとても筋が通っておられますね。これはお店のこだわりもいろいろありそうです!