B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 月乃日和(つきのにわ)さんは、ボディワーク専門のエクササイズスタジオだそうですね。柳田代表は、もともと理学療法士としてご活動されていたとか。
 
柳田 そうなんです。学生の頃はサッカーに明け暮れる毎日で怪我も多く、私自身がリハビリに通っていまして。その経験から理学療法士という職に興味を持って資格を取り、総合病院や介護老人保険施設など、様々な臨床現場で経験を積んできました。
 
山本 そこからエクササイズの業界に進んだのには、何かきっかけが?
 
柳田 目の前にいる患者さんをもっと良くしていきたいと勉強を続けていたら、施術だけでは限界があるのでは、と思うようになったんです。そこから質の良い運動療法を求めて学ぶうちにピラティスにのめり込み、インストラクターの資格も取得しました。
 
山本 なるほど。となると、今はピラティスをメインにプログラムを組まれているわけですか。
 
柳田 はい。もちろん身体が動きにくい方や疾患をお持ちの方には、医療機関で働いていた時の知識を生かして、整体などの方法で動きやすい身体にすることも行っています。しかし、最終的にはご自身で動けるようにピラティスやハンモック形状のサスペンションを使った「シルクサスペンション」など、アクティブなプログラムを多数ご用意しています。どのプログラムでも、正しい姿勢と動きにこだわっているんですよ。
 
山本 体幹が整うことで、身体の動き方も随分変わってきますからね。身体の軸がしっかりすれば、気持ちも安定してきますし。
 
柳田 そうなんですよね。私自身もピラティスによって気持ちが前向きになった経験があります。マインドフルネスの効果が働くので、頭がクリアになるんですよ。やはり心と身体はつながっているんだな、と感じますね。
 
山本 良いですね! ところで、スタジオ名の月乃日和には、どんな意味が込められているのでしょう?
 
glay-s1top.jpg
柳田 当スタジオでは、女性の身体に関係していると言われる月の周期や季節に合わせて、エクササイズ内容も少しずつ変えていまして。自然の摂理を大切にしたいという思いと、女性が集まる庭、というイメージから月乃日和と付けました。
 
山本 そんな意味があったんだ。今後は、どう活動していきたいとお考えですか?
 
柳田 みなさんにはピラティスなどのエクササイズを、身体の変化を通じて自己実現するためのツールとして使ってもらいたいと思っています。それから今後は、アスリートやプロスポーツ選手を目指す子どもたちの指導にも、力を入れていきたいですね。そうした活動を通して奈良県内で、ピラティスでNo.1のスタジオになりたい、というのが私の思い。そのためにも、ピラティスの魅力を多くの方に広めていきます!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
何事も全力で一生懸命やり切ると、仕事が楽しくなると思います。
(柳田昌孝)
 

:: 事業所情報 ::

月乃日和

〒639-0222 奈良県香芝市西真美1-5-1 プラザ西真美4F

ホームページ
http://www.tsuki-no-niwa.com