B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

経理の仕事は税理士へ
“脳内キャパ増”に貢献

 

自分の知識で人を支援できることにやりがい

 
glay-s1top.jpg
三浦 宅建の資格を持っておられるのですか。そうすると先々、不動産業を手がけることも可能ですね。
 
 いいえ、宅地建物取引主任士は原則、兼業が認められていません。それに、不動産業を営むために資格を取得したのではありませんから。クライアント様といろいろなお話をする中で、税務以外の相談を受けることがよくあります。その多くは、取引先とのトラブルに関する相談で、それにお応えするには、会社法の知識よりも民法の知識が必要になることが多いのです。ただ、闇雲に民法を学んでいても身に付かないので、仮の目標として宅建取得を据えたという次第です。
 
三浦 なるほど。森先生が「全て任せて」と自信を持って言われる理由がよくわかりました。現在、クライアントは法人が主ですか。
 
 はい。ただ最近は個人の資産家や、相続に悩む方からの相談も多く受けています。と言うのも、私は定期的に区役所などで開かれる無料相談会に、税理士会の相談員として参加しているんです。そこで面識ができ、顧問契約に発展することもあります。
 
三浦 そうした公の相談員を引き受けても、受け取られる報酬は微々たるものでしょう? それこそ、その時間を本業に充てられたほうが、収益性が高まるのでは・・・。
 
glay-s1top.jpg
 三浦さんの疑問はもっともだと思います。確かに、ある程度の顧客を持った税理士で、相談員を務めている人は少ないでしょう。それに、そうした相談会にお越しになるのは個人事業主や高齢の資産家で、法人に比べて納税額は少額ですから、やりがいがないと感じる税理士はいるかもしれません。しかし、たとえわずかであっても節税ができたり、申告に関する悩みが解決したりすると、とても喜ばれるんです。その姿を拝見することが私にとっては大きなやりがいとなっており、税理士になってよかったと思える瞬間なんです。
 
三浦 お金には替えられない、大きな喜びが得られると。
 
 はい。税理士として、自分の知識を用いることで一人でも多くの方を助け、一人でも多くの方に感謝されることが目標であり、私自身の誇りだと思っています。
 
三浦 ぜひとも目標に向かって邁進してほしいですね。ところで森先生は、川崎市のスポーツ推進委員も務めておられるとか。
 
 はい、様々なスポーツイベントや地域行事の運営サポート、新スポーツの啓蒙活動などを行っています。人は健康であってこそ働けるのだし、人々が働いて産業が発展してこそ税理士の活動範囲も広がります。今後も、川崎市の発展のために様々な活動を行っていきますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様の感謝の言葉が本当に励みになります。法人・個人など規模の大小にかかわらず、税のことでわからないことがあれば何でもサポートしていきたい。川崎市のスポーツ推進委員の活動と併せて、故郷・川崎市の安心かつ健康で住み良い街づくりに貢献できたら嬉しいですね。
(森雅浩)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 税理士法人九段会計事務所 川崎支社
■ 所在地 〒211-0068 神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2-67-6 セラヴィ小杉ビル5F
■ 事業内容 起業・経営支援/住宅購入・売却の相談/医療費の相談/相続対策
■ 設立 平成22年7月
■ ホームページ http://kudan-kawasaki.jp