B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

経理の仕事は税理士へ
“脳内キャパ増”に貢献

 

実務に携わって20年の経験が強み

 
glay-s1top.jpg
三浦 税理士試験は確か、複数の科目の中から5科目に合格する必要があるんですよね。
 
 そうです。そのため、1年に1科目ずつ受験し、合格すれば次の科目の勉強に移るというのがオーソドックスな受験の仕方です。ただ私は、前述した通り時間が有り余っていたので、3回生の時から勉強を始めて25歳の時に、合格しました。
 
三浦 すごい! 留年した1年が無駄にならずにすみましたね。
 
 無駄どころか、今の私があるのは恩師の助言とその1年間があったからこそです。留年が決定したときにはかなり落ち込みましたが、今思えば大切な1年でした。
 
三浦 素晴らしい時間の活用方法でしたね。大学卒業後は税理士事務所に就職されたのですか?
 
 はい。当時、バブル崩壊の影響とディスカウントストアの台頭で家業の経営も苦しく、両親の勧めもあって家業は継ぎませんでした。1998年から税務に携わっていますので、はや20年になりますね。駆け出しの頃にご縁があり、今もお付き合いのあるクライアント様もいらっしゃいますよ。
 
glay-s1top.jpg
三浦 長いお付き合いですね。僕も、Jリーガーの頃からずっと同じ税理士さんに相談・・・いや、丸投げしています(笑)。知人の中には、顧問料の兼ね合いなどで税理士さんを頻繁に替える人もいますが、私は報酬が高いか安いかではなく、信頼できるか否かで選んでいます。それに、長く付き合えば付き合うほど私のことも理解してくれますから、コミュニケーションも円滑ですよ。
 
 三浦さんのように、税理士とのコミュニケーションの大切さをご理解いただけていると嬉しいですね。しかし、まだまだ「税理士はみんな同じ」と考えている人が多いのも事実。差別化のために報酬の値引き競争が起こっている地域もあります。
 
三浦 森先生も、クライアントから報酬の値引きを要求されることがありますか。
 
 長いお付き合いのクライアント様からはそのようなお話はありません。ただ、新規のご依頼の場合は時折ありますね。新規でお問い合わせをいただくお客様は、会社を立ち上げて間もないという方が少なくありませんから、少しでも経費を削りたいという気持ちもわかるのですが・・・。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事