B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。幼い頃からサッカーに親しみ、プロを目指してサッカーの強豪高校に進学するも夢は叶わず、早稲田大学教育学部に進学と同時に指導者に転向する。卒業後は学校法人に就職し私立大学の教員兼職員として勤務。平行してボランティアでサッカーコーチをする中、地域女子サッカーの現状を知り、2016年4月に少年少女のサッカークラブ運営を主な事業とするNPO法人スポーツカントリーアンビスタを立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
東京都荒川区のNPO法人スポーツカントリーアンビスタは多世代多種目にわたるスポーツ事業を展開している。代表理事の石尾潤氏は幼少期からサッカーと共に生き、24歳でボランティアスタッフとして地域女子サッカーの世界に足を踏み入れ、翌年に一念発起。「スポーツを愛する人々に最幸の環境を」というミッションを掲げ起業したという。石尾代表の、スポーツを通じた街づくりの理念にサッカー元日本代表の三浦淳寛氏が迫った。
 
 
 

スポーツのつなげる力で街に自然な挨拶を

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 東京都荒川区で、少年少女のサッカークラブを運営するNPO法人スポーツカントリーアンビスタさん。事務所にはたくさんのトロフィーが並んでますね!
 
石尾 これは、サッカーの大会で優勝したときのトロフィーなんですよ。ほとんどは子どもたちに持って帰ってもらいますが、いくつかここに飾ってあるんです。
 
三浦 子どもたちに渡しても、こんなにたくさん残っているのはすごいですね。実力のほどがよくわかりますよ。アンビスタさんは文武両道を掲げ、サッカー以外にも様々なスポーツ教室やイベントを開催しているとお聞きしました。どのような内容か教えていただけますか。
 
石尾 文武両道支援特化型のアカデミーやヨガ教室、チアダンス教室、かけっこ教室などですね。また、保護者の方を対象にケアや栄養に関する講座も開催しています。実は、私たちが目指しているのはスポーツを通じた街づくりでして。スポーツから生まれる人と人とのつながりを、地域全体に広げたいんです。