B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 健整骨院さんでは、「AKA(エーケーエー)治療」と「AKS®(エーケーエス)治療」という施術を行っているそうですね。どちらも興味深いですが、まずは楠田院長のご経歴からお話しいただけますか。
 
楠田 私は大学を卒業後、会社に勤めていました。しかし、高校の同級生で理学療法士の友人から、柔道整復師の仕事を勧められましてね。それから3年ほど悩んだ後に、転職を決意しました。それで専門学校に入り、柔道整復師の国家資格を取得したのです。その後は、予約制と回転制2つのタイプの接骨院で経験を積み、2014年に当院を開業しました。当院は一人ひとりの患者様を丁寧に診療できるよう、完全予約制にしています。
 
八木 利益を目的として効率的に患者さんの施術をするのではなく、あくまでも一人ひとりに合わせた施術を第一にしておられるわけですね。完全予約制なら待ち時間もないので、ライフスタイルに合わせて来院できるから便利だと思います。では、AKA治療とAKS®治療の内容について教えてください。
 
楠田 AKA治療は、関節包という関節を包んでいる袋を優しく刺激し、正しい関節機能を取り戻すことで痛みを和らげ、体の動作を改善する治療法です。痛みが伴わないため、安心して施術を受けていただけます。AKS®治療は、筋肉の伸縮機能を正常に戻すことで痛みや体の動きを改善します。中でも私が得意としているのは、AKA /AKS®による腰痛治療ですね。もちろん、AKA / AKS®のセミナーを修了し、正規の資格も取得しています。
 
glay-s1top.jpg
八木 うかがってみると、AKAとAKS®はスポーツ選手にも効果的な治療法だと思いましたが、いかがでしょう?
 
楠田 さすが八木さん、鋭いですね。2つの治療法の共通点は、関節の可動域を広げられること。これは、スポーツ選手の競技パフォーマンスを上げることにつながります。実は当院は、怪我の治療や体のメンテナンスで来られるスポーツ選手の方が多いのです。野球やサッカーをする学生さんから、ゴルフやマラソン、バドミントンなどに取り組む社会人の方まで、幅広い種目の競技者の方々にご利用いただいています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事