B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

サッカーの普及を通して 
不動産市場と街を活性化

 

不動産業界全体で横浜を元気に!

 
glay-s1top.jpg
三浦 ところで、あそこに飾ってあるのは、サッカーのウェアですね。
 
齋藤 はい、ゴレアドール横浜の練習着です。
 
三浦 結構たくさんのスポンサーがついていますね。うらやましいなぁ(笑)。
 
齋藤 他の不動産会社などにご賛同をいただいているんです。スポンサーを得る目的は2つありまして、1つは不動産業界で横のつながりをつくること。このような時代ですから、同業だからといってライバル視するのではなく、情報交換をするなど協力関係を保っていきたいのです。
 
三浦 共存共栄ですね。1社ではできないことでも、複数の会社が連携すればなし得ることもありますもんね。
 
齋藤 そう思います。そしてもう1つの目的は、スポンサーを得ることで、保護者の方々の負担を軽減することです。サッカーをはじめ、習い事にかかる費用は決して安くありません。お金のある家の子どもは習い事ができて、そうでない家の子どもはできないというのは不公平ですし、才能のある子どもにチャンスを与えられないなんて、スポーツ界はもちろん、日本全体にとってもマイナスだと思うんです。
 
三浦 その通りだと思います。サッカーはボール1つあればできるスポーツではありますが、クラブチームで練習を積もうと思うと、遠征費などの費用がかかります。そうなると、習わせたくても習わせられないという家庭もあるでしょう。
 
glay-s1top.jpg
齋藤 そうした費用が仮に、スポンサーからの広告収入によって軽減できれば、サッカー界の裾野も広がりますし、同時に養育費が下がることで家計に余裕が生まれて、もしかしたら「もう1人育てようか」と考える方も現れるかもしれません。
 
三浦 そうなれば人口減少にも歯止めがかかるかもしれないと。なるほど、それこそが御社のコンセプトである「企業が子育てをする時代」の実践モデルなんだ!
 
齋藤 そうなんです。どの企業もそもそも買い手がいないと物が売れず、経営が悪化します。そうなれば困るのは企業と社長、そしてそこで働く人たちです。ならば困らないように努めるのも、私たちの役目だと思うんです。「小さい企業が、何を大きなことを言ってるんだ」と思われるかもしれませんが、大企業を築いた先達も、最初はそう言われていたはず。私の行っている活動が、20年後、30年後には成果を出して理解されるようになるのであれば、今はどれほど大変でも、自分の気持ちを貫きたいと思っています。
 
三浦 僕も長い間、サッカー選手として横浜で活動してきたので、齋藤社長の取り組みを応援したいと思います。ぜひ不動産業とサッカークラブ活動の両面から、横浜をもっと元気にしてくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
遊び心を持って人を喜ばせ、楽しませること。そのためには何より、自分が楽しい気持ちでいることだと思います。今は建てる家にも遊び心を入れたり、地域活性のためのサッカー活動などをしたりするのが本当に楽しいです。この楽しさをより多くの方々に伝えて、子どもたちが元気で明るい街づくりができるよう、尽力していきたいですね。
(齋藤護)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 浜土地株式会社
■ 本社 〒231-0012 神奈川県横浜市中区相生町4-69-1 トーカン馬車道キャステール304
■ 事業内容 不動産の仲介/戸建住宅の分譲・販売/損害保険店代理業務/生命保険の募集に関する業務/建設業/宅地の開発・造成/ファイナンシャルプランニング業務/幼児児童および一般向けスポーツ指導/スポーツに係る経営企画およびその指導/スポーツ用品の販売
■ 設立 平成22年4月
■ 主な取引先 浜住研株式会社/株式会社ハウスギャラリー など
■ ホームページ http://www.hamatochi.com
  ■ 社名 NPO法人ゴレアドール横浜
■ 本社 〒240-0067 横浜市保土ヶ谷区常盤台15-3-101
■ 事業内容 サッカークラブの運営
■ 設立 平成28年4月
■ ホームページ http://www.fc-goleador.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事