B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

車探しから納車後まで
顧客最重視の車販売店

 

顧客との交流を優先するために独立

 
畑山 そこからどういったきっかけで起業を?
 
glay-s1top.jpg
山本 私はそのディーラーで営業職に就き、13年目で管理職になる話をいただいたんですよ。でも、管理職に就けばお客様と接する機会がなくなってしまう。それが嫌で退社し、起業を見据えて中古車販売店に再就職。そこで3年間修業して、5年前の2012年に個人事業で独立しました。昨年2016年には現在の場所に移転して工場をつくり、今年の6月に法人化したんです。
 
畑山 管理職になれば給料も上がって生活が安定するのに、それを断ってまで独立したんだ。いかに山本社長が人とのつながりを大切にされているかが、わかります。きっと社員さんとも、良い出会いがあったでしょう。
 
山本 はい。例えば新設した工場の工場長は、もともと弊社が整備を頼んでいた会社で工場を任されていた人で。しばらくして、私がスタッフを探していた時期と工場長が独立するという時期が、偶然にも一致したんです。それで「一緒にやろう」と声をかけたら、彼も同じ返事をしてくれまして。腕が良いのに加えて人柄も最高の人材なので、まさに奇跡のようなタイミングでした。
 
glay-s1top.jpg
畑山 人を大事にしている山本社長だからこそ、優秀なスタッフとも知り合うことができたのだと思います。独立・起業にあたっても、きっとディーラー時代からのお客様が大勢ついてきてくださっているのではないですか?
 
山本 はい。おかげさまで弊社のお客様の半分ほどは、ディーラー勤務の頃からお付き合いのある方なんですよ。その方たちが、次々に新しいお客様を紹介してくださることで事業が成り立っています。
 
畑山 その事実こそ、山本社長が信頼される仕事を続けてこられた証なのでしょうね。