B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 西岡利晃(元ボクシング世界王者)
西岡 光触媒を利用した画期的な防カビ用塗料などの開発・販売を手がけるケミカル・テクノロジーさん。製品の特徴を教えていただけますか。
 
北村 はい。もともと光触媒には、カビを防ぐ効果はありません。それを補うために世界中の化学者が様々な研究をしてきました。その中で私は、銅・銀・フッ素系イオン交換樹脂などと組み合わせることで、カビを防ぐ機能が格段にアップすることを世界で初めて発見したんです。
 
西岡 すると、御社の製品は世界初の技術を応用したものなんですね。塗料自体は、どのような場所に使えるのでしょうか。
 
北村 可視光に反応する光触媒を配合しているので、外壁はもちろん、浴室など屋内にも使用可能です。生えていたカビは消え、新たなカビが生えることもなくなり、しかも一度塗ったら塗り替える必要がありません。もちろん人体への影響もなく、無害ですから安心してご利用いただけますよ。
 
西岡 それはすごい! まさに画期的な製品ですね。北村社長は大阪大学工学部を首席で卒業し、大手化学メーカーに勤務した後に独立したとうかがいました。この塗料も、長年にわたる研究成果の一つなのでしょうか。
 
北村 おっしゃる通りです。私はフッ素樹脂塗料の黎明期から研究を重ね、100年以上も効果が続く塗料の開発などを続けてきました。様々な成果を融合させる柔軟な発想を大事にしながら、自ら現場に出向き泥まみれになって結果を検証する姿勢をモットーとしています。そうした中で、多くの方々との出会いがあったからこそ、新たな発想が生まれ、この製品の開発が実現したのだと思います。
 
西岡 自らの手と足を使いつつ、人との新たな出会いを通して柔軟な発想を育むなんて、素晴らしい姿勢ですね。
 
glay-s1top.jpg
北村 これからも、世の中をあっと言わせる新製品を送り出しますよ。現在は、光触媒の性能をさらに高めたマリンペイントの開発に力を入れています。テトラポットなど海中の構造物にフジツボがつかないようにする効果を持つ、画期的塗料です。
 
西岡 新しいことにチャレンジすると、周囲の人は「非常識だ」と反対する。でも、その声にめげず継続し世の中に認められると、いつしか非常識が常識になるものです。北村社長の事業はこれからさらに花開いていく可能性を感じました。今後のご活躍に期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人生は一度きり。自分の好きなこと、好きな仕事に出合えるまで、探し続けるべきだと思います。
(北村透)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ケミカル・テクノロジー

〒592-0005 大阪府高石市千代田5-20-16 第2イナバビル2F

ホームページ
http://www.chemical-tech.net/