B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 宍戸開(俳優)
宍戸 一人暮らしのお年寄り向けに、魚の飼育と水耕栽培を楽しめる水槽「アクアポニックス」のリースを手がけるライフィッシュさん。水槽の中で魚を飼い、その上のスペースで植物を育てるというのはおもしろい発想ですね。どのような仕組みになっているのでしょうか。
 
遠藤 水槽で魚を飼うと、エサの食べ残しや排泄物などで養分が発生します。その養分を含んだ水をポンプで吸い上げ、上部で育てる植物の栄養にする。そして植物がキレイにした水は自然に水槽の中へ戻っていく。つまり水を循環させることで、水槽に1つの生態系・・・いわば、“小さな自然”をつくり上げているんです。
 
宍戸 魚や植物には、どのような種類があるのでしょう。
 
遠藤 魚は、人懐こさが人気の熱帯魚「ベタ」を1尾、植物は2種類の観葉植物をセットにしています。残りのスペースは栄養が豊富なことで話題になっている、ブロッコリーなどのスプラウト類の種をお付けしておりますので、ご自由に栽培して収穫することができますよ。
 
宍戸 野菜も育てることができるんですか! 収穫が楽しみですね。飼育や栽培の手間がどれくらいかかるのかも教えてください。
 
glay-s1top.jpg
 
glay-s1top.jpg
遠藤 日頃の世話は、魚のエサやりと水を足すことぐらいですね。水槽の掃除などは、弊社のスタッフが月に1度はお邪魔してメンテナンスを行います。
 
宍戸 それは嬉しいサービスですね。犬や猫を飼うのは難しいと思っている人も、「アクアポニックス」なら、手軽に面倒を見られそうです。
 
遠藤 メンテナンスには、お客様とのコミュニケーションサービスも含まれているんですよ。電話やメール、LINEでも魚や植物の生育についてご相談を受け付けており、その機会にお客様ご自身の生活や、体調の変化などについてもお聞きします。LINEの場合なら、グループ機能を通じて、離れた所に住むご親族に参加していただくこともできるんです。
 
宍戸 一種の見守りサービスというわけですか。
 
遠藤 おっしゃる通りですね。弊社は医師や司法書士とも提携しているので、健康や相続などについてのご相談もお聞きすることができます。私はもともと、医療関係の大手メーカーに勤めていましたので。このサービスを始めたのは、全国の病院を回るうちに、お年寄りの健康寿命を長くすることに貢献したいと考えるようになったのがきっかけでした。「アクアポニックス」の最終的な目標は、お年寄りがいつまでも元気に暮らすためのコミュニティーづくり。いずれは楽しいイベントなども開きたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事は、お客様の笑顔と感謝のために行うもの。もちろん大変なことも多いですが、お客様を豊かにすることで、自分も豊かになれると考えています。
(遠藤慶隆)
 

:: 企業情報 ::

ライフィッシュ株式会社

〒104-0045 東京都中央区築地6-10-3-602

ホームページ
http://www.lifish.jp