B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

モノと笑顔をつなげ 
世界中の人々に幸せを

 

流通革命で世界中に幸せを

 
山本 ダイヤモンドに魅了されたことが海外事業のきっかけだとおっしゃいました。でも、単に宝石が好きなだけなら趣味の範囲で収まるはず。好奇心と仕事の間には両方を結びつける思いがあると察しますが、いかがでしょう?
 
glay-s1top.jpg
 おっしゃる通りです。弊社のリユースビジネスの根底には、より多く、より遠くの人へ「モノと笑顔をつなげたい」という思いがあります。そのためにも、世界規模での流通革命が必要だと考えています。
 
山本 なるほど。リユースビジネス界に流通革命を起こそうとされているわけですね。
 
 はい。宝飾品や家財道具のリユース業で事業展開する弊社の経営理念は、「より売りたい人から、より買いたい人へ」です。その理念に則り、日本の消費形態変化で、「より売りたい人」が多い日本のリユース品を「より買いたい人」がいる遠くの国まで届け、世界中の人を幸せにしようというコンセプトで事業を進めているんです。
 
山本 国内のリユース業界が活性化すれば、本来捨てられてしまうかもしれないものが、海外の人の手に渡って喜ばれる。そのサイクルがうまく循環すると、国内外で幸せな人を増やせますね。
 
 誤解を恐れず申し上げますと、弊社の経営信条の一つに「まずは自分たちが楽しみます!」があります。少し自分勝手なように聞こえるかもしれませんが、私は「楽しい」ところに人が集まると考えていまして。実は、この行動指針には続きがあって、「そのためにも世界中のすべての人を喜ばせ楽しませます」と続きます。自分を喜ばせるだけでなく、他人を喜ばせる方法を考え、それを常に実践することで、より豊かで幸せな人生を実現するという自利利他の実践が仕事だと考えているのです。
 
glay-s1top.jpg
山本 その考えに基づいて、どのような人材育成をされているのかが気になります。
 
 弊社の経営信条として、「元気に明るくちょっとアホ!」「まずは自分たちが楽しみます!」「笑顔キャンペーンは永遠です!」の3つをモットーに、仕事に取り組むよう呼びかけています。その土台に「情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう」とチャレンジスピリッツも鼓舞しています。
 
山本 楽しみながら仕事に取り組むスタイルを共有されているわけだ。
 
 そして、無意味な同化圧力によって、個性を削ることがないように心がけています。弊社はほんの少し変人が多いように思います。世界中を旅する中で、多種多様な方々との関わりを通じて、世界はお互いの違いで結びついていることを目の当たりにしました。グローバル社会が叫ばれるようになり久しいですが、必要以上に各自の持ち味を封じることのないよう、長所にフォーカスし、短所は仲間のフォローで、お互いを高めあうことができる組織づくりを目指しています。そのおかげか離職率も低く、ありがたいと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事