B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。アメリカでトレーラーハウスを見かけたことをきっかけに、日本でも需要があると見込み、製作・販売を手がけるなみりすジャパン(株)を設立した。東日本大震災の折には、仮設住宅はもちろん、病院や店舗としての用途にも適していることを実感する。現在は国連のWHF日本大使や全日本トレーラーハウス協会理事長など数多くの要職を務め、社会文化功労賞や国連特別功労賞など受賞歴も多数。【ホームページ
 
 
 
大型のSUVでトレーラーハウスを牽引し、全米を旅する──そんなシーンを映画で観ることがある。国土の狭い日本ではなかなか真似できないが、トレーラーハウスを別荘や店舗として利用する人は増えている。様々なメリットで注目を集めるトレーラーハウスを、国内で生産・販売しているなみりすジャパン株式会社。同業他社とは一線を画す、クオリティの高いトレーラーハウスを、女優の杉田かおる氏が実見した。
 
 
 

建築確認も、固定資産税も不要の住まい

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 B-plusへは2度目のご登場となる、トレーラーハウスの生産・販売を手がけるなみりすジャパンさん。実は私、以前からトレーラーハウスがどういったものなのか気になっていたんですよ。
 
南木 それは嬉しいですね。どういったきっかけで興味を持たれたのですか。
 
杉田 夏場だけ、都心から少し離れて涼しいところに住みたいと思っていまして。でも、別荘を建てるとなるとまとまったお金も必要ですし、固定資産税や相続税も気になります。トレーラーハウスは固定資産税がかからないのでしょう?
 
南木 よくご存じですね。固定資産税も、新築するにあたっての建築確認もいりません。本来、建物が建てられない市街化調整区域にも、トレーラーハウスなら設置が可能です。
 
杉田 車で移動させることもできるんですよね。
 
南木 はい。牽引免許があれば移動させることが可能です。750kg以下のトレーラーハウスなら普通免許で牽引できますが、住むには少し狭いかもしれません。一度、実物をご覧になりますか?
 
杉田 いいんですか!? ぜひ見たいです!