B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 株式会社ジマンニさんは、様々なデザインを行う会社だとお聞きました。具体的にはどのようなものをつくられているのですか?
 
荻谷 茨城県全域の魅力を発信する情報マガジン「IBARAKI ZiMAN(イバラキ ジマン)」をはじめ、折り込みチラシ・フライヤー・パンフレットなどの印刷物、Webサイトのデザイン、制作をしています。オリジナル家具の制作もしているんですよ。
 
川村 家具もですか。本当に幅広く手がけられているんですね。デザイン業界は競合が多そうです。ジマンニさんならではの特色はありますか?
 
荻谷 ディレクションをこなせる営業担当者と、デザインを専門で行うデザイナーの両方が在籍している点が特色です。一般的なデザイン事務所には、営業専任の社員がおらず、デザイナーがお客様との打ち合わせやディレクションを兼ねていることが少なくありません。でもこうした編成だと、デザイナーが作業にかかりきりになった場合に、お客様へのレスポンスが遅れがちになってしまいます。その点弊社では、お客様との打ち合わせから企画、提案、ディレクションに写真撮影まで、営業担当者が行ったうえでデザイナーに引き継ぐので、質の高いものがつくれるだけでなく、完成までに要する時間も短いんです。
 
川村 それはクライアントさんからすれば、大いに助かりますね! 
 
glay-s1top.jpg
荻谷 私たちの手がけた制作物が、お客様の「自慢に」なるようにしたい。社名にもあるように、その思いで仕事をしているんです。デザインに似た言葉で“アート”がありますが、私はこの2つをはき違えてはいけないと考えています。デザイナーがただキレイでオシャレだと思う制作物をつくったのでは、それは単にデザイナーの欲求を満たす“アート”になってしまいます。いっぽうで“デザイン”とは、お客様の思いやその先にいるエンドユーザーのニーズを汲み取り、それを何百倍にも膨らませて具現化すること。その結果、反響を生み出せて初めて、デザインとして評価されるんです。
 
川村 すると、営業担当の方もデザイナーの方も、お客さんやエンドユーザーの潜在的なニーズを把握する力が必要になりますね。
 
荻谷 おっしゃる通りで、人を知ることが“良いデザイン”につながると考えています。そのためには、デザインによってお客様のために何ができるかを考えること。そうして考えた商品なりサービスなりが、お客様のニーズにピタリとはまれば、大きな達成感がありますね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
失敗と成功を重ねながら、日々成長していくことです。
(荻谷俊臣)
 

:: 企業情報 ::

株式会社ジマンニ

〒310-0912 茨城県水戸市見川4-398-1

ホームページ
http://www.jimanni.jp/
フェイスブック
https://www.facebook.com/jimanni.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事