B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

IT環境の構築を的確に 
自立心でより強い組織へ

 

VSIをさらに強い組織へ

 
glay-s1top.jpg
川村 「自分の背中を見てほしい」。経営者として頼もしい言葉です。
 
川邉 経営者って誰からの指示も受けない立場です。だからといってだらけてしまうのは、私の性格上許せない。だから自分でプレッシャーをかけたり、スタッフが見てくれていると考えたりすると、気が引き締まるんですよ。そのうえで私自身は、何事も有言実行するようにしています。時には高い目標を設定してしまって苦しむこともありますが、「投げ出したらみんなに示しがつかない」と踏ん張れるんです。
 
川村 自分をどういう環境に置けば最高のパフォーマンスが発揮できるのかを、よく自覚されているんですね。
 
川邉 加えて、「スタッフの人生を背負い切ること」も意識していますね。人の一生を背負うって、とても重いことです。でも、経営者はその重みを跳ね返すくらいじゃないと駄目ですし、会社も成長しませんから。
 
川村 IT業界の方ってクールなイメージがありましたが、川邉社長には熱さがありますね。会社のほうはこれから、どのように成長させたいとお考えでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
川邉 私あってのVSIではなく、社員がつくるVSIという会社そのものをもっと見ていただけるようにしたいですね。そのためには新入社員も中途社員もどんどん採用して、自ら手本となり、営業力などを引き継いでいくことで組織をより強くしていきます。それから個人としては、毎年旅行している沖縄においしい粉もののお店を開くつもりです。
 
川村 良いですね(笑)。でも、また新しいことを始めるのって勇気がいりませんか。
 
川邉 そうかもしれません。でも、社名のVSIのSが「Strong」、Iは「Imagination」で「強い想像力」を表すように、新たな挑戦に対して恐れを抱くのではなく、未知のリスクをイメージしたうえで壁を乗り越える。そんな自分を想像することが大切ですし、それこそが生きる喜びを得られる方法だと思っているんです。
 
川村 なるほど。先ほど川邉社長がおっしゃった、「背中を見てほしい」の意味がわかった気がします。何も仕事上のことだけでなくて、人生を楽しむにはどうすればいいか、それも含めて背中で伝えたいんですね。今日はとても心に響くお話をありがとうございました。<
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事は自分を試すもの。成功するためには苦労を伴いますが、それは成長し向上するための試練です。成功に向かって突き進む、その過程を苦しみながらも楽しんでいます。
(川邉久道)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社VSI
■ 本社 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル3F
■ 大阪支店 〒555-0042 大阪府大阪市西淀川区西島1-1-62 ヒガシ21阪神ロジネットセンター 2F
■ 名古屋営業所 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-2-1 名古屋広小路中駒ビル 5F
■ 事業内容 法人向けコンピューターおよび周辺機器の設定・設置・保守サービス/IT関連機器の移設および廃棄/サーバ・ネットワークの構築および設計
■ 設立 平成28年1月
■ 従業員数 60名
■ 主な取引先 株式会社ヒガシトゥエンティワン/株式会社FCRシステム/株式会社フリートライ/株式会社トラウム/株式会社ワールドコーポレーション/株式会社キンコー/株式会社シーエスコミュニケーション/株式会社NTTエレクトロニクステクノ/株式会社アナログ・アンド・デジタルエンジニアリング/株式会社東晋/株式会社RGS/ニューロテック株式会社/株式会社IDM/株式会社B-Link/株式会社ルックアップ/ユタカインテグレーション株式会社/株式会社ピーシーキッド
■ ホームページ http://vsi.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事