B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

IT環境の構築を的確に 
自立心でより強い組織へ

 

要望に応え独自の仲間を集めて起業

 
glay-s1top.jpg
川村 川邉社長が、これまでどんなふうに歩みを進めてこられたのかが気になります。
 
川邉 私は地元の和歌山から就職をきっかけに大阪に移り、はじめは自動車専門雑誌の出版社に勤めました。その縁で知り合った自動車販売会社の社長に後押ししていただき、20代前半で会社を辞めて中古車店を始めまして。ある飲食店のオーナーに気に入られて、その従業員の方の車のお世話までさせていただくようになった際は、「こうやって仕事を広げていけばいいんだ」と気付きましたし、商いのイロハを学びましたね。その後、30代前半でゴルフショップに勤めてからも、いかにお客様の心を掴むかを考えながら仕事をしてきました。
 
川村 いろいろな業界を経験されてきたんですね。ゴルフショップではどのようにお客さんのハートをキャッチしたんですか?
 
川邉 当時日本で最も高難易度と言われたコースの会員権を購入して、ひたすら練習したんです。そして実際にお客様の前でショップ内にあった的を狙い、一発で射抜いて見せることで、信頼を勝ち取りました。本を読んで勉強した知識をいくら並べても、お客様には通じません。それよりも、「これだけの腕前の人が言うなら、間違いない」と思ってもらえるほうが心を掴めるんですよ。それからは「人に合ったクラブの選択をしてくれる」と良い口コミが広がっていきましたね。
 
川村 へぇ~、型破りな方法だけど、確かに説得力は段違いですね。そこからどうして、ITの世界へ?
 
glay-s1top.jpg
川邉 この世界に入ったのは、ITエンジニアが初めて自分に向いている仕事だと思ったからです。最も効率的な方法を計算して導き出して、問題があれば原因を追求し、さらなる効率化を目指す。この仕事の流れが、私の性にピッタリ合っていたんです。成果が全て、というBtoBビジネスのシビアさも私好みでした。ただ、法人化のきっかけは成り行きですね(笑)。依頼主様に「東京で仕事をしないか」と言っていただいて会社を立ち上げたんです。設立にあたっては、そのとき私がプレーしていたネットゲームの仲間をメンバーに集めました。
 
川村 え、ネットゲームでですか! 川邉社長は破天荒だなぁ(笑)。
 
川邉 いえいえ、みんなインターネットに詳しいのはもちろん、ゲーム中のチャットの速度からも高いパソコンスキルを持っているのはわかっていましたから。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事