B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

心身共に癒す鍼灸整骨院
地域医療への貢献に意欲

 

筋肉を優しく緩めるソフトな施術が特徴

 
glay-s1top.jpg
八木 今は市川院長も、表情が明るいですね。人見知りするタイプには見えませんよ。
 
市川 患者さんを温かく迎えたいといつも心がけているので、そう言っていただけると自信になりますね。内向きの性格が変わったのは、小4から始めた柔道のおかげでもあります。内向的な性格を両親も心配したようで、両親の勧めで道場に入門したんです。その後、柔道は高校まで続けました。正直、強くはなかったものの(笑)、恩師と呼べる先生と出会って、自分を変えてくれたことにはとても感謝しています。
 
八木 お聞きしていると、柔道を通じて成長できたことも、今のお仕事につながっている気がしますね。体と心は表裏一体で、心を元気にすることも大切にされているように感じました。体の不調はメンタルにもすごく影響するし、逆にストレスで調子を崩すことも多いんです。プロスポーツの世界にいると誰でも経験するもので、実際、私も現役時代、整体などの施術を受ける理由の1つがストレス解消でしたからね。
 
市川 おっしゃる通り、体と心は切り離せないものですし、施術のときは体だけでなくメンタル面の調整もするように心がけています。体と心が良くなると、皆さんから「ありがとう」という言葉をかけていただけるので、その瞬間に「この仕事をしていてよかった」と、一番のやりがいを感じますね。施術後、晴れやかな気分でそう言ってくださっているのかなと思うと、余計に嬉しくなります。
 
八木 患者さんからも好評な市川院長の施術には、どんな特徴があるのか、ぜひお聞きしたいです。
 
glay-s1top.jpg
市川 施術を受けた方がすぐに気付かれる点では、ソフトな、優しい施術をベースにしていることです。専門学校で学んでいた頃からいくつかの整骨院で修業をさせていただいた中で、6年前にお世話になった先生が、とてもソフトな施術をされる方だったんです。今は、そのときに吸収したものを自分なりにアレンジして治療に生かしています。
 
八木 ソフトというのは、強くもんだり押したりしない、ということでしょうか?
 
市川 はい。力を入れると、患者さんも力んでしまって、筋肉が緩んでいきません。強く押されないと満足感を得られないという方もいるかもしれませんが、ソフトに筋肉を緩めていくことで、体の歪みやねじれが整っていきます。結果にはきっと納得していただけるはずです。このやり方なら、幼稚園のお子さんから90歳のお年寄りまで、安心して施術を受けていただけますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事