B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 西岡利晃(元ボクシング世界王者)
西岡 アフラックや日本生命の保険を扱う保険代理店、株式会社カミイクラCRAZY(クレイジー)保険王国さん。御社は長い歴史をお持ちだそうですね。
 
上伊倉 はい。弊社は1967年に祖父が創業しました。営業を担ったのは祖母で、立ち上げから数年後、日本に初めて登場したアフラックのがん保険を販売するようになりました。その後、祖父自身ががんを患ってしまい、加入していたがん保険に助けられたとか。それで、「これからの日本には、がん保険が絶対に必要だ!」と考えた祖母は、その普及に力を注いできました。アフラックから女性初の特別代理店に認定されるなど、エネルギッシュに活動し続けてきた結果、今日の弊社があるのです。
 
西岡 すると代表も、お祖母様の想いを受け継いで事業展開されているのだと思います。ところで、代表はボクシングのご経験をお持ちだとか。
 
上伊倉 はい。大学時代から続けていて、今もOBとして後輩を指導しています。ボクシングは私の人生を変えてくれ、今も支えてくれるスポーツ。「ボクシングを通じて、人としての成長や、人生との向き合い方を見つけてほしい」という想いを持って指導に当たっています。
 
西岡 いいですね! 代表のご経歴にも興味がわきました。ぜひ教えてください。
 
上伊倉 私は大阪芸術大学を卒業後、中学校や高校の美術教師をしていました。29歳の時、自身の生き方を迷っていたところに、祖母が声をかけてきたことがきっかけで、弊社の前身であるカミイクラ保険事務所を手伝うことになりました。2014年に代表に就任すると同時に、事業を法人化し現在の名称に変更しました。
 
glay-s1top.jpg
西岡 美術教師から保険のセールスマンに転職したご経歴もユニークですが、社名もユニークですよね。
 
上伊倉 そうですね。“CRAZY”という言葉は、一般的に“狂った”という意味が広く知られていますが、実は“情熱”という意味もあるのですよ。個性的で情熱的な祖母や私が代表の弊社にピッタリだと思いました(笑)。“保険王国”は、祖母が女王様みたいな人だったことと(笑)、保険は加入者同士が支えあって成り立っているものですので、弊社を通じて保険にご加入いただいている皆様には、互いに支えあいの精神を意識してもらいたいという思いから付けました。