B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人生の窮地は人それぞれ 
真の保険も人それぞれに

 

真の保険探しは全く難しくない!?

 
glay-s1top.jpg
ボルダリングが楽しめるユニークな事務所
川村 「天職」とおっしゃる大村社長を前に、失礼を承知で正直に言うと、保険の話を聞くと頭痛がしそうになります。だって、難しいじゃないですか?
 
大村 いえいえ、保険ってとても単純ですよ。
 
川村 いやぁ、私は信じませんよ(笑)。生命保険1つにしても、ゴマンと種類があるでしょう。全部調べ終わる頃には、おばあちゃんになっちゃう。
 
大村 確かに、保険会社だけでも30社以上あり、商品数になるとその何十倍になります。でも、川村さんが加入するなら、いくつの生命保険に入ろうと考えますか?
 
川村 うーん、1つあれば満足。2つも入れば大満足ですよね。
 
大村 だから話は単純なんです。つまり、川村さんに合った保険を見つければいいのですから。では、川村さんに合った保険をどう探すか。それは、自分が「どうなればピンチか」を考えればいいんです。仮に川村さんが病気になり、治療費に300万円が必要になったとします。そのとき、それだけの貯金があれば保険金はなくても大丈夫でしょう。では、1000万円が必要になった場合はどうですか?
 
川村 そんな急に用意できないような金額だと、かなり困りますね。
 
大村 なら、少々極端な説明になってしまいますが、川村さんにとって、300万円より1000万円の資金が用意できる保険が必要だとわかるわけです。
 
川村 なるほど、そうやってピンチのデッドラインを基準にして取捨選択していけばいいのですね。そう考えると、保険商品が無数にあっても関係ありませんね。だって「自分に合う、合わない」で、どんどん絞り込んでいけるんですから。
 
glay-s1top.jpg
大村 保険は、人生が行き詰まるピンチを回避する方法の1つ。内容を比較していくのではなく、自分を基準に選んでいけば、真の保険に到達できます。ただ、日本の保険業界は商品の特長を前面に出す販売方式が主流なので、どうしても商品比較で選んでしまうケースが多くなりがちなんです。
 
川村 そして私みたいに頭がパンクしてしまう(笑)。
 
大村 その通りです。私は、全世界の保険業界人の1%だけが入会できる一般社団法人MDRTという組織に所属しています。生命保険と金融サービス業界の最高水準として世界中で認知されているこの組織の理念は「生命保険は人生に役立つものという認識を世に広める」。私は静岡から、保険選びは商品選びではなく、いざというときの“魔法”を手に入れることなのだと、広めていきたいんですよ。