B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。関西大学卒業後に藤田観光(株)に就職する。32歳まで勤め上げ、その後、ソニー生命保険(株)から誘いを受け転職を決意。慣れない業務に最初こそ苦戦したが、持ち前のチャレンジ精神を生かして仕事に励み、安定した顧客を獲得していく。2005年に独立し、2015年にC&F company(株)として法人化。「関わる全ての人を幸せにしたい」をモットーに、熱い情熱を持って仕事に打ち込み続ける。【ホームページ
 
 
 
ホテル業界を経て保険業界に進出したという異色の経歴を持つC&F company(シーアンドエフカンパニー)株式会社の代表取締役、岡﨑正克氏。ソニー生命保険株式会社時代に積んだ管理職のノウハウは、会社の運営方針にも生かされている。「まず、社員が幸せでなければ、お客様を幸せにすることはできない」。その方針に惹かれ、岡﨑社長の子息・淳隆氏も父の会社で働くことを決意したのだろうか。同社の運営力の秘訣に迫った。
 
 
 

30歳を超えて異業種へと飛び込む挑戦心

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 ファイナンシャルプランニングを手がけるC&F companyさん。まず、岡﨑社長の歩みから教えてください。
 
岡﨑(正) 大学を卒業後、レジャー事業で知られる藤田観光に就職しました。そのままホテル業界の道を歩んでもよかったのですが、32歳のときにソニー生命からお声がけいただきまして。最初は少し迷ったものの、別の業界でチャレンジしてみたいとの気持ちが湧き、保険業界に飛び込んだんです。
 
畑山 今まで経験したことがない保険業界にいきなり入ったのですか! すごい挑戦心ですね。異業種ですから最初は大変だったでしょう?
 
岡﨑(正) そうですね。しかも、現在、弊社の社員である息子の淳隆を授かった時期でもあったんですよ。そういう状況でしたから、がむしゃらに頑張りました。その甲斐あって、成績もどんどん伸び、4年目には営業所長を任されるまでになったんです。その後は支社長も務めました。
 
畑山 岡﨑社長の頑張りが身を結んだわけだ。素晴らしいですよ。
 
岡﨑(正) 私1人の力では無理でしたね。周りの方々や前職でお世話になった人の応援、そして家族の支えがあったからこそ、頑張ることができました。本当に感謝しています。その後、一念発起して2005年に独立したのです。