B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 自動車部品の金型をつくるために必要な、発泡スチロールの模型制作を手がける株式会社蓮井さん。蓮井社長は、同じ職人であるお義父様から教えを受けてきたそうですね。
 
蓮井 はい。先代でもある義父は、この仕事を45年間も続けてきました。私は15年前の2002年頃から修業を始め、義父をはじめとした4人の師匠から多くのことを学んできたんです。
 
名高 一人前になるまで、何年くらいかかるものなのでしょうか。
 
蓮井 私の場合、早く精確に模型をつくれるようになり、「ようやく一人前になったな」と言ってもらえたのは修業を始めてから5年後ですね。
 
名高 やはり、職人の技術と魂を引き継ぐには、長い年月がかかるものなんですね。
 
蓮井 そうですね。4人もの師匠に教えてもらうというのは、とても恵まれた環境であったと思っています。師匠たちから学んだ、手づくりで行う精確な模型制作技術を、今後もこの会社で守っていきたいですね。
 
名高 同じお仕事で、機械化を進めている会社もあると思います。それでも手作業にこだわっていくわけですね。
 
蓮井 はい。偉大な師匠たちから教わった技術や、この仕事に欠かせない信頼性を守るため、いつまでも手作業の仕事を続けていくつもりです。
 
名高 その守らなければならない信頼の中で、特に重要なのはどのような点でしょうか。
 
蓮井 2つ大事にしていることがありまして、1つは納期を守ることです。どれだけ精確な模型をつくっても、納期に間に合わないとお客様からの信用を一気に失います。一つひとつの仕事を完璧に終わらせることが、次のお仕事をいただくための評価につながっていく。だから工場で寝袋に泊まってでも、お約束した納期を守ることが大事なんですよ。
 
glay-s1top.jpg
名高 そうした努力が信頼につながるのでしょうね。もう1つは?
 
蓮井 義理人情です。師匠たちからは技術はもちろん、お客様に対する礼儀作法や業界内のルールも教わりました。師匠たちの時代から続いているつながりも受け継いでいるのです。模型制作は技術者の少ない業界であるため、他社の仕事の領域を荒らさず、自分の仕事を全うすることが大切なんです。今後も、義理人情を忘れずに誠意ある仕事を心がけていきますよ。
 
名高 蓮井社長のお人柄が伝わりますよ。厳しい職人の世界でも、楽しみながら技術を伝承する蓮井社長の将来を、私も応援しています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
子どもが時間を忘れてブロック遊びをするように、私は図面をいただいた瞬間から、「これをどうやってつくろうか」とワクワクしますね。お客様からも、「楽しそうに仕事をするね」と言っていただくんですよ。
(蓮井祐樹)
 

:: 企業情報 ::

株式会社蓮井

〒242-0025 神奈川県大和市代官2-12-40

http://honey-milk.info (Dog Salon HONEY&MILK)
株式会社蓮井は、Dog Salon HONEY&MILKを応援しています。

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事