B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 兵庫県姫路市の新車・中古車販売店、ALL FOR ONE(オールフォーワン)さんにお邪魔しています。ホームページを拝見したところ、どんなメーカーの車でも見積もりが取れるそうですね。
 
植田 車種、グレード、色、オプションが決まっていたらすぐにご対応しますし、他店で買うより安くできると思いますよ。25年間トヨタのディーラーとして勤めた経験が活きていると感じますね。
 
山本 大ベテランですね。業界に入られたきっかけは何だったのですか?
 
植田 私、16歳のときに家庭の事情で高校を辞めているんです。その後はベーカリーで働き、18歳のときに海上自衛隊に入隊するも、船酔いがひどくて(笑)。除隊して転職しようと思ったものの、学歴がないので面接の前に全部落とされるんですね。なんとかホンダに拾っていただいて、2年間ディーラーとして勤めた後、トヨタに転職しました。
 
山本 僕がパナソニックの社員選手を辞め、未来に何の保証もないプロ契約を結んだときは、周りの方々から反対されたものです。植田代表も、トヨタを退職するときにはそのような声があったことでしょう。
 
植田 そうですね。ただ、「中卒の自分でもやれるんだ」と証明したかったんです。それに、社会が求める会社員像に違和感を持っていたんです。お客様の喜びより利益が優先で、「何も考えないで会社の言うことを聞け」という風潮の会社が一般的ですよね。
 
glay-s1top.jpg
山本 確かに、ただ経営方針にそって働いてくださいという会社が大半かもしれませんね。しかし、選手が意見を言えないトップダウンのチームは、1回勝てても勝ち続けることは難しいんです。僕は指導の際、まず選手の意見を聞くことを心がけています。それは会社という組織内でも大事なのではないでしょうか。
 
植田 おっしゃる通りですね。私も“人”を1番に考えています。人、物、金の順番で生きていきたいんですよ。夢を持ったスタッフを集め、当店でやりたいことをやってもらい、事業を展開していけたらベストですね。少年漫画の『ONE PIECE(ワンピース)』をご存じですか? 様々な技能を持ったキャラクターが助け合いながら旅をしていくんですよ。それの実写版のような会社にしたいですね。私1人では何もできませんから、仲間に助けてもらうんです。そのために、仲間に信頼してもらえるような人間力を養っています。