B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 栃木県出身。大手自動車メーカーが経営する専門学校で自動車整備を学び、整備士として就職した。その後、営業に転じ経験を積む中で、より販売が難しい中古車業界への転職を決意。中古車買い取り・販売の有名店に12年間勤務して査定の目を養い独立した。(株)SimpleD(シンプルディー)エンタープライズを設立し、埼玉県さいたま市岩槻区にカーラボを開いた。
 
 
 
さいたま市岩槻区の中古車買い取り・販売・整備の専門店として、地元をはじめ、県外の車好きからも信頼を集めているカーラボ。運営する株式会社SimpleDエンタープライズの佐藤一樹代表取締役は、長年の経験から中古車査定の確かな目を養ってきた。買い取って終わり、売って終わりの商売を良しとせず、顧客第一を貫く佐藤社長に、これまでの歩み、地域密着の事業に対する強い意欲など、興味深い話をたっぷりとうかがった。
 
 
 

適正価格で買い取ることが中古車販売の根本

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 SimpleDエンタープライズさんは中古車の販売と買い取り、そして整備も手がけているとうかがいました。車好きの僕としては、大いに興味をかき立てられます。
 
佐藤 私もスポーツが大好きなので、日本代表を経験された山本さんにお会いするのを、すごく楽しみにしていました。最近は自転車にもよく乗られるそうですね?
 
山本 ええ、基本、イベントに参加するときだけですが、ロードバイクは楽しいですよ。今度いかがですか(笑)。ところで、どの地域でも中古車販売の店は多いと思います。並みいる競争相手に対して、御社が運営する中古車店、カーラボさんの「この点では負けない」という強みはどんなところでしょう。
 
佐藤 この仕事の根本は、いかに適正価格で買い取りができるかです。だから、弊社の一番の強みを挙げるとしたら、やはり査定がしっかりしていること。これに尽きると思います。
 
山本 なるほど。車を手放す側としては、少しでも高く売りたい気持ちはあるにせよ、本当に大事なのは、ちゃんと適正価格に達しているかどうかですものね。誰だって損はしたくないわけですから。
 
佐藤 はい。こちらが買い取った車を次に買われるお客様に対しても、影響は大きいですからね。実際、査定にはいつも気を使います。例えば、事故車だったことを見逃してしまうと、それだけで値段が5、60万円も違ってくるんです。今は修理の技術が上がっていますから、こちらに見る目が備わっていないと、取り返しのつかないことになります。