B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 高知県出身。若くして結婚、出産、育児、離婚を経験。現在の夫の会社の手伝いやパート勤務以外に社会人経験がなく、特に専業主婦として育児に専念中は閉塞感を感じていた。そんな中、人とのつながりを求めて積極的に朝活や異業種交流会に参加するように。地元・神奈川県海老名市が活性化する中で、「活動したいけどどうすれば良いか悩んでいるママさん起業家が必ずいるはず」と感じ、一念発起。異業種交流会や朝活を主催する鳳鶴堂企画(株)を立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
神奈川県海老名市で、異業種交流会や女性のための朝活を運営する鳳鶴堂企画株式会社。代表取締役の岡本ユキ氏は、かつて専業主婦としての日々を送るも、活性化する海老名市でママたちの起業を応援するために事業を興したという。頑張っているママと触れ合うことで、また別のママが光り輝くようになる──。そんな好循環を目の当たりにする岡本代表は、自分自身の人生も大きく変わったと感慨深く語ってくれた。
 
 
 

地元で異業種交流会や女性のための朝活を

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 神奈川県海老名市で、女性のための異業種交流会や朝活を主催する鳳鶴堂企画さん。岡本代表は、以前は専業主婦だったとお聞きしました。現在の活動を始めることになったきっかけを教えていただけますか?
 
岡本 私は若いうちに結婚して子どもにも恵まれました。社会人の経験は、主人が経営する会社の手伝いや、パート勤めくらいしかなかったんですよ。でも、人とつながるのは大好きで、2007年頃からは様々な交流会に出かけるようになりました。ただ、神奈川でのイベントとなると、横浜エリア以外ではなかなかなくて。毎日のように海老名から東京方面へ出るのが大変だったんです(笑)。
 
石黒 確かに、時間も交通費もかかりますものね(笑)。
 
岡本 はい。でも近年は、海老名にも大型商業施設がオープンするなど、活性化してきました。これからは起業を考える地元の女性も増えるだろうと、2016年春に異業種交流会の主催を始めたんです。
 
石黒 朝活の主催も、同じきっかけですか?
 
岡本 そうですね。いろいろな街の朝活に参加して、大勢の女性が交流の場を求めていることを知りました。地元でもみんなで和気あいあいと、助け合いながらつながれたらいいなと、朝活をスタートさせたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事