B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 兵庫県出身。土木建築会社を営む家に生まれる。学生時代は大阪芸術大学でランドスケープデザインを学ぶも、卒業のタイミングで母が病に倒れたのを機に、介護を行いながらできる仕事を複数経験。その後、設計事務所に入ったことで建築業界へ。11年で約1400件もの設計を行い、腕を磨いた。以降は不動産会社にて売買や仲介のノウハウも会得。次の転職先である不動産会社の部門閉鎖に伴い、事業を引き継ぐ形で2016年11月に(株)レーヴを立ち上げた。【ホームページ
 
 
 
京都南部を拠点にする株式会社レーヴは、新築なら土地探しから家の建築、賃貸なら仲介から管理などまで、一貫して対応してくれる不動産会社だ。代表取締役の山本勝行氏は設計士としても豊富な実績を持つ、いわば家づくりのプロ中のプロ。可能な限りどんな提案でも、しっかりと形にしてくれる。顧客の“夢”の実現はもちろん、社員の幸せも考えた取り組みをする山本社長に、その思いを語ってもらった。
 
 
 

店員から設計士まで、様々な経験を経て起業

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 京都南部で不動産の売買や仲介、賃貸借などを行うレーヴさん。山本社長はこれまでどういう道を歩んでこられたのでしょうか。
 
山本 父は土木建築の会社を営んでいて、私自身は大学で庭や公園など公共空間をデザインする、ランドスケープデザインを学んでいました。ですが4年生の時に母が倒れてしまったので、介護をしながら働けるようにと、卒業後はコンビニの店長や呉服店の販売員、バーの店員などをしまして。そこから建築・不動産業界に入るきっかけとなったのは、設計事務所へ転職したことです。そこでは約11年間勤務し、約1400件の設計を行いました。
 
畑山 1400件! すごいなぁ。年間だと100件以上ですよね。かなり苦労されたのではないですか?
 
山本 毎日朝3時まで働いていました(笑)。その苦労が今の自分の血肉になっていると感じますね。
 
畑山 今の経験が将来どう役に立つかわからないところが、人生のおもしろいところですよね。その後はどうされたのですか?
 
山本 その設計事務所では景気低迷による事業縮小があったので、不動産会社に転職しました。そこで5年ほど勤務した後、今度は設計の経験をしっかり活かそうと、2014年頃にレーヴの母体企業である会社に就職したんです。
 
畑山 多くの実績をお持ちなんだから、ノウハウはぜひ活かすべきですよね。そういえば、コンビニから現在のお仕事まで全て、対人のサービス業ですね。
 
山本 本当だ(笑)。人と話すことが好きなので、自然とこうなったんだと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事