B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン オリジナルの折り紙包みの制作や、それを使ったロゴマークなどの各種デザインを手がけている希夢工房さん。横川代表のアートや絵画、書、陶などの作品は色合いが優しげで、とても温かみを感じます!
 
横川 ありがとうございます。折り紙包みは人の思いを“包む”ものですから、デザインにその精神が生きていると嬉しいです。また、私はクライアント様の希望するイメージを引き出していくためにも、何度もヒアリングを重ねていきます。例えば奈良の老舗店でお仕事させていただいた時は、東京育ちだったため地域のことがわからず、奈良の各地に縁のある万葉集を1から勉強しなおして、参考にしながらクライアント様と一緒にイメージを膨らませていきました。クライアント様も「よう知ってはるなあ!」と喜んでくださいましたね!
 
タージン 深く理解しようと努めてくれたからこそ、クライアントさんの喜びもひとしおだったのでしょうね。普段は、どのような仕事を?
 
横川 お線香などの伝統産業のパッケージから和菓子、柿の葉寿司など食品、地方の名産品のパッケージデザインの他、会社や店舗のロゴマークなどのデザインも手がけていますよ。デザインだけでなく、商品の売り上げに結びつけるための販売企画も行っています。商品の発売日には必ず店頭に立ち、売り上げが伸びない場合は売り方や売る場所などを変えて対策を練っているんです。
 
タージン クライアントさんの事業発展のために、デザイン以外の仕事を請け負ってくれるとは、頼りになるだろうなあ! しかし、なぜ横川代表は折り紙包みにこだわるのですか?
 
glay-s1top.jpg
横川 現代では、折り紙包みが使用されるタイミングが限られています。しかし、かつては一般家庭でも日常的に折り紙包みが使われていたのです。例えば五穀豊穣をつかさどる神様へ感謝の気持ちを伝えるために、お供え物を折り紙に包んで献上しました。他にも他者の慶び事の際には金品を折り紙に包んで渡し、その方を祝いました。私は自分の事業を通じて、日本古来から続いてきた折り紙包みの文化が日常生活の中に再浸透するように働きかけていきたいと思っています。
 
タージン なるほど! 横川代表の折り紙包みへの思いが形になっているからこそ、人の心に深く印象に残る作品がつくれるのですね。これからもたくさんの素晴らしい作品で、人々の日常生活に花を添えていってほしいと思います。ますますのご活躍にこれからも期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
人に喜んでいただくことです。喜んでいるのがわかると、私も嬉しいですし、楽しいです。関わった方々に「会えて良かった」と思っていただけるよう心がけています。
(横川三希子)
 

:: 事業所情報 ::

希夢工房

〒537-0024 大阪府大阪市東成区東小橋1-18-26-5F

ホームページ
http://www.kimukoubou.jp