B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。一度は飲食店を経営するも、父ががんになったことから看病をしながらの生活を送るように。看病中、知り合いに勧められた酵素風呂によって父の症状が大きく改善。自らも酵素風呂に興味を持つようになった。その後、酵素風呂の視察を経て、本家本元 米ぬか酵素風呂 瑞穂を立ち上げる。利用者の健康促進と美容のために、日々最適な状態で米ぬか酵素風呂を提供している。【ホームページ
 
 
 
本家本元 ぬか酵素風呂 瑞穂を運営するサブマネージャーの石橋美奈氏は、父の病をきっかけに酵素風呂に出合い、以来、自然治癒力が高まる酵素風呂の研究に力を注いできた。効果の高い米ぬかに着目し、時間と手間をかけて米ぬかの香りをマイルドに。加えてさらさらでふかふかな肌触りを実現し、体へのかかり心地や寝心地などリラックスできる品質を追求している。父と同じように症状で苦しみ、治療に取り組む人の力になりたい──その思いで日々米ぬかを手入れする石橋氏の思いと、米ぬか酵素風呂の力に迫った。
 
 
 

父の病の改善の一助となった酵素風呂

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 本家本元 米ぬか酵素風呂 瑞穂さんの平野本店にお邪魔しています。どんなお店なのかとても気になりますね。まずはサブマネージャーの石橋さんが、こちらのお店を立ち上げるに至った経緯から教えていただけますか。
 
石橋 私はもともと、飲食店を運営していました。でも父が胃がんになってしまって、看病のためにそのお店は畳んだんです。父は胃の全摘出手術を受けたものの、リンパ節へのがんの転移も発見されたことで、抗がん剤治療を受け始めてからは目に見えて衰弱してしまいました。父は気丈に振る舞っていましたが、当時私は「このままでは死んでしまうのでは・・・」と思っていたほどでした。
 
鶴久 そうだったのですか・・・。お父様が弱っていくのを見るのは、さぞ辛かったでしょうね。それからどうされたのですか?
 
石橋 父の友人が、「病気ぐらい治してやる」なんて言って、酵素風呂を紹介してくれたんです。最初は父も私も半信半疑だったけれど、がんの治療と併用して通ってもらうことにしました。そうしたら、初回から効果を実感したようで、今まで苦しそうだったのが嘘のように元気な様子で帰ってきたんです。それから何度も行くうちに体調がよくなり、治療が捗ったことで、定期健診の結果も正常値をキープするようになりました。そして最終的に、なんとがんが治ってしまったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事